新型ヴェゼル 納車待ち勢必見! 無限ヴェゼルのフロントグリルガーニッシュが絶妙過ぎ! しかも初代のイメージも呼び起こしてくれるアイテムだった

画像ギャラリーはこちら
ホンダの新型コンパクトSUV「ヴェゼル」は、ボディカラー同色のフロントグリルが話題だが、ここをピンポイントでカスタマイズ出来るアイテム「フロントグリルガーニッシュ」が無限から登場した。そのドレスアップ効果の塩梅が、実に絶妙だった!

ホンダを知り尽くした無限が造る、新型ヴェゼル向けカスタマイズパーツを改めてチェックしてみよう。

>>ホンダを知り尽くした無限がカスタマイズする新型「ヴェゼル」を写真で見る[画像33枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 納車を待つ間にカスタマイズを検討する楽しみを! 無限パーツを改めてチェック!
  2. 初代ヴェゼルのフロントマスク「ソリッド・ウィング・フェース」の形状は新型にもしっかり継承されていた
  3. フルコンプリートでカスタマイズするもよし! ピンポイントでイジるもよし! ドレスアップを自由に楽しもう

納車を待つ間にカスタマイズを検討する楽しみを! 無限パーツを改めてチェック!

ホンダのカスタマイズパーツなどを発売する無限(株式会社M-TEC)は、2021年4月22日(木)に発表されたホンダの新型コンパクトSUV「ヴェゼル」専用の各種パーツを開発。全国のホンダカーズ(ホンダ正規ディーラー)と無限パーツ取扱店にて、順次発売を開始した。

無限パーツは正規ディーラーで扱われるから、新車購入時に同時装着出来る。新車ローンの支払いに含めて購入出来るなど、得られるメリットも大きい。

しかし購入後しばらくはノーマルの状態で楽しみ、徐々に自分好みのスタイルへカスタマイズしていくのも楽しいものだ。新型ヴェゼルはデビュー早々に大きな反響を呼び、グレードや仕様によっては半年以上の納車待ちも発生している状況。まさに今「待ってます!」という方もいらっしゃるだろう。

ならば! 待つ間の楽しみとして、ここで改めて無限のカスタマイズパーツをチェックして欲しい。

初代ヴェゼルのフロントマスク「ソリッド・ウィング・フェース」の形状は新型にもしっかり継承されていた

一見すると、新旧ヴェゼルのデザインには関連性を感じないが…実はそんなことはなかった

ところで、新型ヴェゼルのデビュー当初に話題を呼んだのは、フロントグリルの仕上げだった。メッキなどの加飾をせず、あえてボディ同色にすることで、洗練されたシンプルな印象となった。

2013年12月デビューした初代(先代)ヴェゼルでは、当時のホンダ車に共通の「ソリッド・ウィング・フェース」を採用。メタル調のグリルが左右へウィング(羽)状に拡がる形状で、左右のヘッドライトとの連続性を強調していた。

そんなイメージは、今回のフルモデルチェンジでごっそりとなくしてしまったかと思われたが、新型ヴェゼルに携わったホンダのデザイナーに聞いたところ『初代のウィング形状は残してあります』と教えてくれた。

確かに新旧ヴェゼルのフロント周りを見比べてみると、ボディ同色でわかりづらくはなったが、左右ヘッドライト下部からフロントグリル上部を繋ぐラインが、実はしっかり継承されていることがわかる。

無限「フロントグリルガーニッシュ」は、新型を初代ヴェゼルの「ソリッド・ウィング・フェース」風に仕上げるアイテムにもなる!

そこでようやく本題に戻る。初代ヴェゼルで確立したソリッド・ウィング・フェースが気に入っていたというファンの中には、新型のさっぱり過ぎるフロントグリルに、まだちょっと馴染めない方がいるかもしれない。

そんな時、無限のカスタマイズパーツがピンポイントで効くことをご存じだろうか。そのアイテムは「フロントグリルガーニッシュ」。価格は3万7400円(取付工賃別・消費税込み)だ。

フロントグリルガーニッシュは、ボディ同色のフロントグリル部の中でも、特に上部に向いている部分のみに取り付けられる。写真の艶ありブラック塗装仕上げのほか、無塗装のものも選ぶことが出来るので、初代のようにメタル風塗装に仕上げてみたりするのも楽しいかもしれない。

フルコンプリートでカスタマイズするもよし! ピンポイントでイジるもよし! ドレスアップを自由に楽しもう

無限のカスタマイズパーツは「Sports Style(スポーツスタイル)」がコンセプト。モータースポーツ直系の無限らしいスポーティなデザインで、甘めのイメージも強い新型ヴェゼルをピリ辛に仕上げることが出来る。フルコンプリートでカスタムするも、フロントグリルのようにピンポイントで有効活用するも、お好み次第だ。

これから新型ヴェゼルを買おうと考えている人も、納車を今か今かと待っている人も、また新たなドレスアップのアイデアが浮かぶかもしれない。改めて新型ヴェゼルのカスタマイズパーツをチェックしてみることをお勧めする!

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル]

ホンダ/ヴェゼル
ホンダ ヴェゼルカタログを見る
新車価格:
227.9万円329.9万円
中古価格:
93.2万円2,252.5万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... やど紫苑亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ ヴェゼルの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ ヴェゼルのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ ヴェゼルの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ ヴェゼルの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ ヴェゼルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる