無敵の絶対王者N-BOX、なんでそんなに支持されるの!?【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
「絶対王者」の名をほしいままにするホンダ N-BOX。2代目となる現行モデルは、登場から販売台数ランキングでトップを走り続けている。近々マイナーチェンジされるという声が聞こえてくるなか、実際に一般ユーザー、さらにはこれから購入を検討している人々にはどう捉えられているのか? ここではSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。
目次[開く][閉じる]
  1. デビュー直後からトップの座を守り続ける2代目N-BOX
  2. 初代N-BOXから受け継がれる“N”の血統
  3. SNS上でのみんなの声は?

デビュー直後からトップの座を守り続ける2代目N-BOX

一般社団法人 全国軽自動車協会連合会が発表した、2020年9月の軽自動車販売ランキングではN-BOXが10ヶ月連続で1位を獲得。2位のスペーシアに約3000台の差をつけ、王者の貫禄を見せつけた。さらに言えば、2代目の現行型が発売された2017年9月以降、2019年11月を除いたすべての月で1位を獲得しており、もはや向かうところ敵なしといったところだ。

もちろん、ライバルメーカーもただ手をこまねいているわけではないが、なかなかN-BOXの牙城を崩すことができない。

初代N-BOXから受け継がれる“N”の血統

男性が乗っても違和感の無いバランスのとれたデザイン

初代N-BOXは、スーパーハイトワゴンの元祖であるダイハツタントの後を追う形で2011年にデビュー。ライバルに比べ厚みを持たせたフロントフェイスと、ボンネットが傾斜していないことにより、ボクシーで上下のバランスに優れたスタイリングを実現。男性が乗っても違和感の無いデザインとしたことで、ファミリーカーとして購入するユーザーも多かった。

現行モデルの2代目になっても、ボクシーなスタイリングは継承され、N-BOXが安定して売れている大きな要因の一つと言って間違いないだろう。

燃費一辺倒ではなく質感にこだわった走行性能

初代N-BOXが登場した2011年は、居住性が売りのスーパーハイトワゴンであっても省燃費性能が重視された時代。ライバルメーカーは熾烈な燃費競争を繰り広げる中、N-BOXは燃費競争に加わらなかった。しかし、JC08モード燃費が採用されていた当時、カタログ燃費と実燃費は乖離することが多く、実使用において燃費性能はそれほど不利には働かなかったのだ。

その分N-BOXは走りの質感を重視し、2代目に搭載される軽自動車として初めてのVTECエンジン(NAのみ)へと繋がる。

使い勝手が良く広い室内空間

初代から受け継がれる大切な要素に、軽自動車ナンバー1を謳うクラストップレベルの室内空間がある。室内高は1400mmに達し、小学生ぐらいの子供であれば車内で立って着替えもできる。

また、ファミリーカーとして購入されることも多いため、多彩なシートアレンジは重要なポイント。2代目では「ベンチシート」「スーパースライドシート」「スロープ」という3つの仕様を用意。ユーザーそれぞれの使い方にあった仕様が選べるのは大きな利点である。

SNS上でのみんなの声は?

そんな絶対王者のN-BOXだが、SNS上ではどのような意見が飛び交っているのか確認してみた。

「他の軽と乗り比べると安全性も含めこの選択になるんだろうな。よく出来た車だと思います。」

「初代に乗ってます。N-BOXの小さい車体、ボンネットの短さは、日本の道で使う上で実に理にかなっていると思います。高速走行に向いてないとか、横転しやすいとかネガティブなこと言う人いますが、逆にどんな乗り方してるんだと思いますよ。法定速度くらいでゆっくり走れば、なんら問題なく長距離もいける走行性能、乗り心地です。」

「友人がN-BOXを所有していて、たまに乗せてもらいますが、売れるのも納得です。ほかの軽よりも質感がかなり上質だし、Lクラスミニバン並みに足を伸ばせるし、4人乗っても窮屈じゃない、ターボでも燃費が悪くなく荷物も詰める。さらには税金も安い。日本の中で乗るならば何不自由ないし、多少新車価格が高くてもリセールも良いし、追突された時どうなるんだろうとは思いますが、本当によく考えられた車だなぁと思います。」

「N-BOXは使いやすいんだよね。日常での使い勝手で痒いところに手が届いてる車。そして売れ続けているのは日本人の信じたら信じ続けるという気質が影響してると思う。つまり単純にリピーターが多いって事でしょうね。これまでの車はどうしてもメーカー目線で消費者を見て造られる。だからどうしても造りて側の『消費者』フィルターが二重にも三重にもかかって車は開発される。それらを排除して、本当の消費者目線で造られて成功したのがN-BOXだと思う。本当に画期的だと思う。」

「現行N-BOXをカタログすらない頃に予約し最初期ロットを購入しました。ホンダの2代目はコケないだろうとの予測でしたが正解でした。今日も人を乗せて片道1時間半の買い物に行きました。沿岸部は風が強かったもののLKASのおかげもあり全く不安なく快適な走行が可能でした。」

「旧型乗ってましたし、新型も使った事ありますが非常に完成度が高いと思いました。乗り心地、安定感、広さ、安全装備、あらゆる点で軽自動車では完成に近いのでは? もちろん欠点皆無ではないですが、下手なコンパクトカーを凌駕していると思いますよ。今フィット乗ってますが、次は新型N-BOXにするかもしれません。後ろから突っ込まれた時だけ不安です。」

「N-BOXに先代に続いて今の型に乗り換えました。実は先代のN-BOXの時に交差点信号待ちで追突されました。ほぼノーブレーキで追突されましたが助手席の妻共に無傷、車はかなり重傷でしたが、安全性はかなりのレベルだと思います。今の型になってホンダセンシングが付いて更に向上したかと思います。少し価格が高いけど納得と満足の乗り心地だと思います。私はけしてHONDA関係者ではありませんが、売れ続けるのは理解できます。」

2代目成功のカギは継承と進化!噂されるマイナーチェンジにも期待

2代目となる現行型N-BOXがここまで大ヒットしているのは、初代のストロングポイントを継承しつつ強化し、ウイークポイントを払拭してきたことに他ならない。

SNS上では、現行オーナーから、過去に乗っていた・乗ったことがあるという方など、多方面で圧倒的に支持されている。また、その総合的な出来の良さから、初代から現行の2代目へと乗り継いでいるという声も少なくない数で存在している。

今では軽スーパーハイトワゴンのベンチマークとまで言われ、常にライバルに研究される存在のホンダ N-BOX。今後、ライバルメーカーもさまざまな工夫を凝らしたモデルを投入してくることは間違いない。

近々マイナーチェンジが噂されるだけに、新型ではどのような進化を遂げるのか、非常に楽しみなところだ。

[筆者:MOTA編集部]

ホンダ/N-BOX
ホンダ N-BOXカタログを見る
新車価格:
134万円231.7万円
中古価格:
27.5万円268.3万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 飛騨つづり 朧
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ N-BOXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-BOXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-BOXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-BOXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-BOXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる