ホンダの新車がオンラインで購入できるサービス開始! トヨタのKINTO(キント)との違いは任意保険と免許返納時にアリ

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
クルマの買い方が変わりつつある。これまでメーカーの看板を冠したディーラーや販売店などで商談のうえ契約するのが一般的であったが、PCやスマホで購入できるようになりつつある。トヨタの「KINTO(キント)」やホンダが2021年10月4日にスタートした「Honda ON(ホンダオン)」がその筆頭である。そこで今回は両社の違いや今はやりつつあるクルマ版サブスクについて考えていこう。
目次[開く][閉じる]
  1. ホンダオンで購入できるのは4車種のみ! 対するkINTOはほとんどの車種を網羅
  2. 【ホンダオンとKINTO比較】最大の違いは車両返却と任意保険料! コミコミなのはKINTO
  3. クルマ版サブスクは任意保険料が最大のポイント! 若年層ならコミコミプランがオススメ

ホンダオンで購入できるのは4車種のみ! 対するkINTOはほとんどの車種を網羅

2021年10月4日よりホンダが「ホンダオン」なるサービスを開始した。これはスマホやPCでクルマを購入できるというモノで、現状はサブスクプランだけであるが、将来的には現金一括や残価設定ローンなど既存の方法でも契約ができるようになるという。現状は東京都内限定での展開となるが、今後は全都道府県に対応する予定となっている。

ちなみにホンダオンは選べる車種が限られており、N-BOXとフィット、さらにヴェゼルとフリードと売れ筋モデルのみのラインアップとなっている。

そしてそれぞれ選べるグレードも全てではなく、売れ筋のハイブリッドモデルが中心となる。支払い期間は3年ないしは5年となっており、ボーナス払いも選択可能となっているのだ。

ちなみにトヨタが展開しているサブスクサービス「KINTO」はほとんどの車種をラインアップしているうえ、支払期間も最長で7年プランが用意されるなど、選択肢の豊富さで言えばトヨタに軍配が上がる。

【ホンダオンとKINTO比較】最大の違いは車両返却と任意保険料! コミコミなのはKINTO

そして最大の違いは車両返却と任意保険に関してだ。というのもKINTOは高齢の方が免許返納などでクルマが必要なくなった際、原則無償で返却ができる仕組みとなっているのだ。対して、ホンダオンは免許返納であっても、返却時にはクルマを査定し、評価額によっては差額を追加で支払うこととなる。

もっともホンダオンの最大のターゲットは1990年以降生まれの若者となっているからで、今後市場の動向を見て仕組み変更も視野に入れているという。

ホンダオンは別途任意保険に加入する必要あり

そしてふたつめの任意保険についてだ。じつはホンダオンにはどの車種を選んだとしても任意保険料は月額料金に含まれておらず、別途任意保険に加入する必要があるのだ。

クルマ版サブスクは任意保険料が最大のポイント! 若年層ならコミコミプランがオススメ

じつはトヨタのKINTO、そしてPCなどでの契約はできないが、三菱が展開するサブスクサービス「ウルトラマイカープラン」にはすべて任意保険料が月額料金に含まれているのだ。じつはこれ、クルマのサブスクを契約するうえでは大きな鍵となるポイントなのだ。

>>三菱版サブスク「ウルトラマイカープラン」が超人気! ライバル社が苦戦しているなか、好調なワケとは!?

保険料の高い若年層ならKINTOやウルトラマイカープランを推す

というのも通常クルマを所有し、任意保険に加入する際にはドライバーの年齢や等級などによって保健料金が上下する仕組みとなっている。そして若年層であれば事故率が上がるために、保険料は自ずと上昇する場合がほとんど。そこでKINTOやウルトラマイカープランは全年齢一律の保険料を月額利用料金に含まれており、若年層にとってはかなりお得なプランとなっているのだ。

対してホンダオンは若年層をターゲットにしているにもかかわらず、任意保険料は別途負担としているのだった。もっとも任意保険料を含まないために、他のメーカーと比べても月額利用料金が抑えられているのも事実だが、ユーザーごとに選べるようにするなど改良の余地はあるようにも感じるのだ。

>>自動車メーカーが用意するクルマのサブスクは本当にお得なのか!? デメリットとメリットを解説

既存のディーラーではなく、スマホやPCといったデバイスでクルマを購入、あるいは契約するサービスはまだまだ始まったばかり。今後も参入するメーカーが続々と増えるだろうが、一体どんなサービスが展開されるのか楽しみである。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

ホンダ/N-BOX
ホンダ N-BOXカタログを見る
新車価格:
142.9万円223.3万円
中古価格:
19.8万円245万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 有馬グランドホテル

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ N-BOXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-BOXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-BOXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-BOXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-BOXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる