【予算300万円のミニバン選び】ホンダ フリードとトヨタ シエンタをガチ比較! 燃費だけならシエンタだが、使い勝手ならフリード(1/2)

画像ギャラリーはこちら
軽自動車じゃちょっと狭いし、かといってアルファードはデカすぎるし……と“ちょうどいいサイズ”のミニバンを探しているひとも少なくないハズ。そこで予算300万円に設定し、納車後のランニングコストを含め一体どれが買いなのか? を徹底検証。今回はホンダ フリードとトヨタ シエンタのハイブリッド対決を敢行! 今まさにクルマ選びで頭を抱えているあなた、必見ですよ!
目次[開く][閉じる]
  1. 運転に自信がなくてもOK! コンパクトミニバン対決
  2. フリード買うならセパレートシートがオススメ! 運転支援システムの充実も嬉しいポイント
  3. シエンタ買うなら7人乗りがオススメ。スライドドアの機能が超便利だった
  4. シートアレンジのしやすさに違いが! 操作の手軽さで選ぶなら僅差でフリード
  5. 燃費の差はわずか! だが街乗りメインならシエンタに軍配
  6. 家族で長期間使うならフリード。街乗り中心ならシエンタがオススメ

運転に自信がなくてもOK! コンパクトミニバン対決

子どもが小さいうちは、とくにあると嬉しい両側スライドドア。天井の高い室内や、アレンジ豊富な3列シートも子育ての味方ですが、あんまり大きいサイズのミニバンは運転に自信がない、という人も多いですよね。今回は、3列シートのコンパクトミニバン頂上決戦! 

ボディサイズはほぼ同じ、最小回転半径も同じ5.2mで小回りがきく、ホンダ フリードとトヨタ シエンタのイチオシグレード同士を徹底比較。購入後のランニングコストまで大予想します!

フリード買うならセパレートシートがオススメ! 運転支援システムの充実も嬉しいポイント

ホンダ フリードはガソリンモデルとハイブリッドモデルがあり、2列5人乗りと3列6人乗り/7人乗りというバリエーション。その中でイチオシグレードは、256万1900円のハイブリッド G・ホンダセンシングです。

3列シートで2列目がセパレートシート(左右独立シート)となる6人乗りと、ベンチシートとなる7人乗りが選べますが、運転席から3列目まで室内で移動できるセンターウォークスルーが使える6人乗りが、子育て中には何かと便利でオススメ。

さらにいえば運転席/助手席のシートバックポケットにはスマホなどの小物を入れることが可能なため、何かと荷物の多い子育て世代にはかなり嬉しいポイントです。

UVカットガラスが標準装備! オプションは付けるべき

スライドドアが両側ともパワースライドドアになり、フルオートエアコンやUVカット機能付ガラスは標準装備!

でも運転席&助手席シートヒーター、2列目シートのロールサンシェード、高機能なIRカット/スーパーUVカットガラスは、プラズマクラスター搭載フルオートエアコンや撥水/ヒーテッドドアミラーなどが揃うパッケージオプションで7万1500円となっています。

長距離ドライブも楽ちん! 先進装備はフリードに軍配

安全装備では、誤発進抑制機能や衝突軽減ブレーキをはじめ9つの先進安全運転支援システムが揃う「Honda SENSING」が標準装備。外観では15インチスチールホイールで、アルミホイールはオプションですが、LEDヘッドライト/LEDアクティブコーナリングライトは標準装備となっています。

シエンタ買うなら7人乗りがオススメ。スライドドアの機能が超便利だった

対するトヨタ シエンタもまた、ガソリンモデルとハイブリッドモデルがあり、2列シート5人乗りと、3列シート7人乗り(4WD車は6人乗り)をラインアップ。その中でイチオシグレードは246万4000円のG(ハイブリッド)。2WDで3列シート7人乗りのモデルです。

スライドドアの予約機能がイイ! シートヒーターオプションも比較的安い

両側ともパワースライドドアで、こちらはウェルカムオープン&予約ロック機能も付いています。

ロールサンシェードは設定がなく、シートヒーターはスーパーUVカット+IRカット機能+撥水機能付きグリーンガラスとステアリングヒーターとのセットオプションが4万2900円で用意されています。

先進装備は必要最低限の機能のみ

安全装備はプリクラッシュセーフティやレーンディパーチャーアラートなどの「Toyota Safety Sense(トヨタ・セーフティセンス)」が標準装備ですが、誤発進抑制機能やアダプティブクルーズコントロールの設定はなし。この時代においてはやや手薄な印象で、オプションでも用意されていません。外観は15インチスチールホイールでLEDヘッドランプとなります。

そのため現在、特別仕様車としてGをベースにした「G Safety Edition(セーフティエディション)」が発売されています。

こちらには誤発進を抑制するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングブレーキサポートブレーキ)や、パノラミックビューモニターが備わる(ナビは別売り)うえ、シートヒーターやステアリングヒーター、スーパーUVカット+IRカット機能+撥水機能付きグリーンガラスも標準装備となります。

インパネのオレンジのアクセントカラーが地味なブラックになるのと、ボディカラーが4色しか選択できないということ以外で、選ばない理由が見当たりません。価格はGの10万円高、256万2000円(ハイブリッド)です。

ホンダ/フリード
ホンダ フリードカタログを見る
新車価格:
199.8万円327.8万円
中古価格:
13.8万円332.3万円
1 2 次へ

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
まるも 亜希子
筆者まるも 亜希子

大学卒業後、編集プロダクション株式会社エディトリアル・クリッパーに就職、自動車雑誌「ティーポ(Tipo )」の編集者として6年間勤務。2003年にフリーランスとして独立。現在は雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演・寄稿している。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 茶寮宗園

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ フリードの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フリードのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フリードの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フリードの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フリードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる