ホンダ 新型CR-Vハイブリッド&1.5ターボ 試乗|ニッポンのためのCR-Vが遂に帰って来た!(3/3)

画像ギャラリーはこちら

ライバルSUV「スバルフォレスター」や「マツダCX-5」と新型CR-Vを徹底比較

そしてもう一点気になるのは、結構強気の値付けだ。

例えばもっとも安い1.5ターボの標準グレード「EX」の5人乗りFFでも323万280円で、この価格でライバル車の何が買えるかというと、スバル フォレスターならe-BOXER(ハイブリッド)搭載の「Advance」(アドバンス)が309万9600円なので余裕で買えるし、マツダ CX−5ならば2.5リッターのNA・4WDモデルの装備充実グレード「L Package」が買える。

さらに新型CR-Vのハイブリッド、4WDモデルの上級グレード「EX・Masterpiece」だと436万1040円となる。例えばフォレスターだと、上記のAdvanceに様々なオプションを付けても380万円以下、一方CX−5だとディーゼルの4WDでもっとも上級な特別仕様車「Exclusive Mode」(エクスクルーシブ・モード)と同じくらいか、むしろCX−5が少し安いくらいという感じになってくる。

もっともこれには理由があって、まずCR-V EXでHonda インターナビや安全運転支援系装備のHonda SENSING(ホンダセンシング)が標準となっており、さらにEX・Masterpieceは電動サンルーフやハンズフリーアクセスパワーテールゲート、本革シートも標準となるなど、ほとんどオプションが不要となっているからでもある。

日本仕様の新型CR-V、最大の仮想敵は「トヨタ ハリアー」だった

新型CR-Vの商品企画を担当する方に話を聞くと、確かにCX−5やフォレスターも気になるが、やはり気にしているのは「トヨタ ハリアー」なのだとか。

車格は少し異なるが、確かにハリアーの価格からするとCR-Vは高くないのかもしれない。また他のライバルSUVとしては日産 エクストレイルも存在するが、これもまた価格的にはリーズナブルな存在。こうしてみるとやはりハリアーだけがひとつ上の車格感で飛び抜けて高い。しかしながらハリアーには独自の世界観が強くあるわけで、CR-Vはそれと真っ向から比べる種類のものではなく…。

というか、ハリアーは別格として、フォレスターやCX−5のようなキャラクターの濃さと比べると、CR-Vはブレッド&バターカー的にあっさりしているのに、見た目のプライスが高いということになっている。もちろん標準装備が充実していることによる価格設定であるのは確かだが、これがどのくらい受け入れられるかが気になるところではある。

CR-Vは確かに良く出来たクルマだが何か釈然としないのは・・・ホンダに対しもっと大きな期待を寄せているから

フォレスターにもCX−5にもないもの。といえば、i-MMDによって圧倒的な動力性能を生み出すハイブリッドシステムが、やはり新型CR-Vの最も強い個性となる。新型を購入するならば、ここはやはりハイブリッドモデルを選ぶべきだろう。

プロダクトとして悪くはない。しかしキャラがあっさりしていて、見た目プライスが高くて…と、ここがどうしても気になってしまう。

と、自分の中で何か釈然としないのは、やはりそれはホンダへの期待が大きいからなのだろうと納得した。

僕、というか日本人にとって、やっぱりホンダの送り出すプロダクトには、どこか夢とか憧れとか情熱とかユニークさとか、そういう類のものを求めてしまうところがある。

そうして今回の新型CR-Vを見ると、それはアメリカや中国で大ヒットしている“正解”であることは間違いない。それがゆえに最大公約数的なクルマなのだと頭でわかっていても、しかしどこかで納得できないのは、やはりホンダへの期待を抱いてしまうからに他ならない。

もちろんCR-Vの歴史を振り返れば、どの代のモデルもそつなく、最大公約数的なクルマであることに変わりないのだけど、やはりどこかに期待はある。

というか、ホンダの送り出すプロダクトはいまや、登録車に関しては特に「日本よりも世界」という優先順位を強く感じるようなラインナップだ。それだけに日本人としては余計に寂しさを感じるのかもしれない。

かといって、もう少し日本を向いた雰囲気漂う登録車を送り出して…なんてことはなかなか考えられないのもまた事実。そうしてホンダに対するモヤモヤはさらに増していくのだ。

とはいえ、新型CR-Vは2年半ぶりの復活であり、開発陣は相当に気合いを入れ原点回帰をして勝負を挑む自信作である。今後の販売の推移にも注目したいところだ。

[筆者:河口 まなぶ/撮影:島村 栄二]

ホンダ 新型CR-V の主要スペック
試乗車グレードHYBRID EX-Masterpiece

[4WD/5人乗り]

EX-Masterpiece

[FF/7人乗り]

EX-Masterpiece

[4WD/5人乗り]

メーカー希望小売価格(消費税込)4,361,040円3,814,560円3,807,000円
JC08モード燃費25.0km/L15.4km/L15.0km/L
WLTCモード燃費20.2km/L--
WLTC市街地モード燃費19.1km/L--
WLTC郊外モード燃費21.6km/L--
WLTC高速モード燃費19.8km/L--
全長4605mm
全幅1855mm
全高1690mm1680mm1690mm
ホイールベース2,660mm
乗車定員5人7人5人
車両重量(車重)1660kg1630kg1610kg
エンジン種類直列4気筒DOHC ガソリン直噴ターボエンジン
駆動方式4WDFF(前輪駆動)4WD
排気量1993cc1496cc
エンジン最高出力107kW(145PS)/6200rpm140kW(190PS)/5600rpm
エンジン最大トルク175N・m(17.8kgf・m)/4000rpm240N・m(24.5kgf・m)/2000~5000rpm
モーター最高出力135kW(184PS)/5000~6000rpmーー
モーター最大トルク315N・m(32.1kgf・m)/0~2000rpmーー
トランスミッション電気式無段階変速機7スピードモード付 無段変速オートマチックトランスミッション(CVT)
燃料無鉛レギュラーガソリン
タイヤサイズ(前後)235/60R18
前へ 1 2 3
この記事の画像ギャラリーはこちら
河口 まなぶ
筆者河口 まなぶ

1970年生まれ。大学卒業後、出版社のアルバイトをしたのちフリーランスの自動ライターとなる。1997年に日本自動車ジャーナリスト協会会員となり、自動車専門誌への寄稿が増え、プレイステーション「グランツーリスモ」の解説も担当。現在、自動車雑誌を中心に一般誌やwebで自動車ジャーナリストとして活躍。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... みやこわすれの宿 こおろぎ楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ CR-Vの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ CR-Vのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ CR-Vの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ CR-Vの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ CR-Vのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる