autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フィアット アバルトプントエボ 海外試乗レポート

試乗レポート 2010/7/26 18:34

フィアット アバルトプントエボ 海外試乗レポート(1/2)

関連: フィアット プントエヴォ Text: 西川 淳 Photo: フィアット グループ オートモービルズ ジャパン
フィアット アバルトプントエボ 海外試乗レポート

プントエボのアバルトモデルは装備も性能も充実!

3年前に復活を果たしたアバルト。

今ではクルマ好きの若者ご用達ブランドとして、フィアットグループのスポーツカーブランド部門(マセラティ、アルファロメオ)の裾野を担うまでに成長した(アバルトはアルファロメオなどと対等の企業内独立ブランド)。

ブランド復活と同時にリリースされたのが、「フィアット グランデプント」ベースの「グランデプントアバルト」だった。このたびベース車両がマイナーチェンジを受け、その名も「プントエボ」に進化したことに伴って、アバルトモデルも“エボ”に発展。

その中身はさらに充実、性能もいろんな意味でステップアップを果たしている。

アバルト プントエボ

エクステリアでは個人的には前期型の、どこかアストンマーティンやマセラティにも通ずる“おすまし系”フェイスが好きだったが、最近の欧州コンパクトカーはみんな派手に化粧されている(例えば同クラスのルノールーテシア)。

ここで、フィアットも一歩引くワケにはいかなかったのだろう。ベースモデルが随分と派手になった分、アバルトはベースモデルよりもさらに目立たなければならないわけで、かなりえぐい顔立ちに。

新型を見てから前期を眺めると“そんなにフツウだったの?”と思ってしまうほどだ。

各種エアロパーツは全て新調されており、顔立ちだけでなく、サイドビューもオーバーフェンダーやスカートがボディ同色となって、イメチェンに大きく寄与している。

特に迫力が増したのはリアビューだ。前期の後ろ姿は、まるでスムージングモデルのようにスッキリとしていたが、新型にはアンダーディフューザーまで付いて“もうこれ以上弄れません”と後付けエアロ屋が嘆くくらいの状態になっている。

F1などのモータースポーツイメージと関連したイメージがあって、現代のヨーロッパにおけるクルマ好きな若者の趣向が分かって面白い。タイヤやブレーキなどのサイズは以前と同じだ。

アバルト プントエボアバルト プントエボアバルト プントエボアバルト プントエボアバルト プントエボ

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

フィアット プントエヴォ の関連編集記事

フィアット プントエヴォの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フィアット プントエヴォ の関連編集記事をもっと見る

フィアット プントエヴォ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR