MOTAトップ 記事・レポート 特集 【はずさない】ドライブスポット 懐かし自販機御三家が揃う“群馬の聖地”「ドライブイン七輿(ななこし)」【昭和のクルマで昭和を探す旅 VOL.2】

ドライブ 2019/8/28 09:30

懐かし自販機御三家が揃う“群馬の聖地”「ドライブイン七輿(ななこし)」【昭和のクルマで昭和を探す旅 VOL.2】

関連: 日産 スカイライン Text: 遠藤 イヅル Photo: MOTA編集部
遠藤イヅル氏の愛車、R31型「日産 スカイライン セダン 1800G」(7代目・通称“7thスカイライン”/昭和60年式)と“群馬の聖地”「ドライブイン七輿(ななこし)」[群馬県藤岡市]
遠藤イヅル氏の愛車、R31型「日産 スカイライン セダン 1800G」(7代目・通称“7thスカイライン”/昭和60年式)と“群馬の聖地”「ドライブイン七輿(ななこし)」[群馬県藤岡市]富士電機製のめん類自販機、しかも「うどん・そば」機と「ラーメン」機が並ぶ!/“群馬の聖地”「ドライブイン七輿(ななこし)」[群馬県藤岡市]七輿資料館に飾られるスズキ 2代目「スズライトキャリイ」(1965-1969)/“群馬の聖地”「ドライブイン七輿(ななこし)」[群馬県藤岡市]遠藤イヅル氏の愛車、R31型「日産 スカイライン セダン 1800G」(7代目・通称“7thスカイライン”/昭和60年式)/“群馬の聖地”「ドライブイン七輿(ななこし)」[群馬県藤岡市]画像ギャラリーはこちら

今や貴重な存在になったドライブイン&オートレストラン

高速道路がまだまだ少なく、コンビニエンスストアなどもない時代、トラックドライバーやドライブ客のお腹を満たしていたのは、国道や県道の脇にあった「ドライブイン」「オートレストラン」でした。しかし、高速道路の発達と、コンビニエンスストアの登場と進展により激減してしまったのはご存知の通りです。

>>いまとなっては懐かしい! 7thスカイラインと自販機レストランを見る[フォトギャラリー]

懐かしい昭和の風景も今や観光名所に

ところが時代が一回りし、ドライブイン、オートレストランともに全国で数少なくなってしまったことで希少性が増加しました。そのため、懐かしさを感じる世代、新鮮と感じる世代ともに一定のファンを生み、新たな観光名所になったところも。ハンバーガーやうどん、トーストの自販機が残されていることが、むしろ売りになっているのです。

ドライブイン&オートレストラン訪問記のアシは、やっぱりこれ!

そこで、そんな懐かしい場所へ、昭和60年式(あえて1985年とは言わない)のクルマに乗って訪問し、その魅力を探ってみるこの企画。第1回は、埼玉県行田市の「鉄剣タロー」をご紹介しました。「懐かし自販機」スポットの聖地としても知られています。

<前回の記事はこちら>

「ドライブイン 鉄剣タロー」は80年代の空気を動態保存するオートレストランの聖地[2019/7/8]

今回は、懐かし自販機がたくさん残る群馬県まで足を伸ばし、聖地のひとつである藤岡市の「ドライブイン七輿(ななこし)」へ行って来ました。もちろんアシは、前回と同じく「日産 スカイライン セダン 1800G」(7代目・通称“7thスカイライン”)というR31型でもっとも安価なグレードです。

これ、直6エンジンのGT系じゃないのがミソ。派手さ、スポーツ性をあまり感じさせない経済性重視な「7thスカイラインの1800シリーズ」は、今やすっかり姿を減らしてしまいました。なおエンジンはCA18S型直列4気筒。ツインプラグが特徴です。燃料供給は電子制御キャブレターで、トランスミッションは5速マニュアルです。

「ドライブイン七輿(ななこし)」は、群馬の聖地

ドライブイン七輿は、関越自動車道の藤岡インターチェンジからクルマで10分ほどの場所。ここには「うどん」「ハンバーガー」「トースト」の御三家、“3大懐かし自販機”が揃っていることから、レトロ自販機ファンの間では聖地のひとつに数えられています。

ドライブイン七輿の魅力は、何よりも全体の雰囲気。県道沿いに立つ看板もレトロなら、建物も味わいたっぷりなのです。特に、向かって左側の建物(現在は事務所になっている)は年季が入っています。掲げられたペンキ書きの看板もすっかり色あせ、とってもいい感じに。

店内は、古めの筐体が並ぶゲームコーナー(夜12時には閉まる)と、テーブルと椅子を完備?した24時間営業の自販機コーナーに分かれています。注目の懐かし自販機では、ハンバーガー自販機が富士電機製などのレトロタイプではなく、近代化したモデル(ホシザキ製)になっていますが、富士電機製のめん類自販機、太平洋工業製のトーストサンド自販機は元気に動いています。しかも、めん類は「うどん」と「そば/ラーメン」の組み合わせの2台が稼働しているのだからスゴイ! まさに聖地の趣です。

バーガーもトーストも、チャーシュー麺もウマい!

実はこの訪問も、前回に引き続きレトロ大好きなMOTAのT編集長と一緒なので(笑)、おじさん二人で仲良くシェアして食べることにしました。選んだのは、「チーズバーガー」(230円)、「ピザトースト」(230円)、お店自慢の“自家製チャーシュー”が入った「チャーシュー麺」(350円)と、瓶のコーラです(ちょっと嬉しい)。

可愛い猫が描かれた小さな箱に入ったバーガーと、厚手の専用銀紙に包まれた、アツアツで取り出すのにも一苦労のトースト(笑)は、関東圏ではおなじみ、群馬県伊勢崎市にある「マルイケ食品」のもの。チーズバーガーは定番とも言える安心の味です。ちなみに鉄剣タローにはピザトーストはなかったのですが、これもちゃんとピザの味がして美味!

そして気になるチャーシュー麺は、自販機に書かれた店主からの「おいしいよ」という貼り紙通り、確かに肉厚でとっても美味しいチャーシューでした。シンプルな醤油味のスープもウマいのです。これが350円じゃ申し訳ない!?

「ドライブイン七輿」を守る木村さんご夫妻にお話を訊く

お腹を満腹にして帰る際、建物の左半分はどんな感じなんだろう? 現在は事務所になっているようなのだけど、それにしては大きいな……と思い、少し覗き込んでみたのです。すると、中には古い軽自動車のトラックが。むむ、あれは1965年から発売された、スズキの2代目「スズライトキャリイ」ではないですか!

これは、お店の方に話を聞かねばならないですよね!

そして快く筆者たちを事務所に入れてくださったのは、ドライブイン七輿を経営する木村 清さんと、奥様のふじ子さん。事務所内はスズライトキャリイの他にも、大正や昭和時代を偲ばせる様々な生活用品も展示しています。「古いものが好き」と語るふじ子さんは、ここ「七輿資料館」の館長さんでもあるのです。

清さんの話によると、ドライブイン七輿は昭和50年(1975年)に自販機コーナーとしてオープン。名前は、すぐそばにある「七輿山古墳」から取ったそうです。その後、周辺に飲食店がなかったことから食堂の要望が増え、昭和59年(1984年)に現在の事務所建屋で食堂を開業。しかし3年ほど前に清さんが病気になってしまったことから、食堂だけを閉じたそうです。自家製チャーシューの美味しさは、食堂を経営していたからなのですね! 納得です。

現在は懐かし自販機ブームも手伝って大人気のドライブイン七輿ですが、とはいえ、やはり自販機の維持管理は大変だそうです。でもふじ子さんはこう語っていました。

「機械も頑張っているし、片付けなども、お客さんも手伝ってくれるんですよ。先日も、古い自販機に詳しい小学4年生の子が千葉から来てくれました。小さい子にも頑張って! って言ってもらえるのは嬉しいですね。それと、群馬の人は優しいですから」

レトロで素敵であたたかい、もはや「文化遺産」とも呼べる貴重なこのドライブインを残すためにも、そして木村さんご夫婦のためにも、僕たちはたくさんドライブイン七輿に通って、たくさん食べて遊ばないといけない、という気持ちになりました。木村さんご夫婦、いつまでもお元気で頑張ってくださいね。また、来ます!

このコーナーはまだ続く!? 次回はどこに行こう?

ということで、「昭和のドライブイン・オートレストランに昭和のクルマで行ってみる!」の第2回をお送りしました。次も懐かしい昭和レトロなスポットに、昭和末期のゲキ渋スカイラインで……行っていいのよね? T編集長!(笑)!?

さて、次はどこにしようかなー。第3回をどうぞお楽しみに!

今回伺ったのは…

■ドライブイン七輿

群馬県藤岡市上落合838

電話:0274-23-0951

営業時間:24時間営業(自販機コーナー)

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:MOTA編集部]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 スカイライン の関連編集記事

日産 スカイラインの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 スカイライン の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR