高速道路と一般道はどっちが早く着く!?お盆休みの渋滞でガチンコ対決してみた【東京~静岡・さわやか編】(5/7)

  • 筆者: 遠藤 イヅル/小鮒 康一
  • カメラマン:オートックワン編集部
画像ギャラリーはこちら

インターナビの通信機能を駆使した渋滞回避に期待!

一般道チームは、厚木周辺でダラダラと渋滞しているのをいいことにナビをポチポチ操作していると、インターナビの通信機能を使ったルートを選択できることを発見!

インターナビ装着車が集める “リアルタイム交通情報”と“全国のVICS情報”で高精度なルートをチョイスしてくれるということで、渋滞回避にも期待が持てます。

もちろんルールに則って「最速無料優先ルート」を選択すると、国道246号の厚木警察を右折し、市内を迂回して小田原厚木道路の横に出るという明らかな裏道を指示してくれてほぼ勝利を確信。さわやかではセットでも注文しちゃおうかなーと妄想は止まりません。

予想外のルート選択に苦戦

しばらくインターナビのルートに従って走行していると、大磯インターから小田原厚木道路に乗れというではありませんか。確かに小田原厚木道路に一部無料区間はあるものの、有料区間まで走行してしまっては今回の企画が全て水の泡。運転しながらルートを確認する余裕もなく、慌てて小田原厚木道路を回避するルートを選択しました。

そして結局国道1号に入り、そのまま11時34分に箱根新道にイン。前半は良かったものの、須雲川インター周辺から流れが怪しくなり、芦ノ湖大観インターを過ぎたあたりで完全停止。道中では10年落ち程度のミニバンが故障で立ち往生していたりして、日常的なメンテナンスと運行前点検が必要だなーと思いながら延々続く渋滞を遠い目で眺めていたのでした。

箱根新道は片側1車線ずつで、途中で迂回するルートもないので、しばらくはこの渋滞と付き合わなくてはなりません。

渋滞の列が続く上り坂をダラダラと進んでいくのですが、今回の対決はCVTで良かったと思いました。MTの魅力も捨てがたいのですが、常に坂道発進のプレッシャーを受け続けなくてはならないので…

箱根新道終着点の箱根峠ICを過ぎると渋滞は解消し、N-VANはワインディングロードを順調に下ります。日本最長のつり橋である三島スカイウォークを通り過ぎ、三島大社の前を通過。ゴールのさわやか 長泉店はもうすぐです!

[TEXT:小鮒康一]

ホンダ/N-VAN
ホンダ N-VANカタログを見る
新車価格:
122万円183.3万円
中古価格:
111万円209.7万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者遠藤 イヅル/小鮒 康一
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ホンダ N-VANの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-VANのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-VANの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-VANの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-VANのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる