竹岡圭のドライブvol.3 ZERO CROWNで博物館への旅!(2/4)

  • 筆者: 竹岡 圭
  • カメラマン:原田淳
竹岡圭のドライブvol.3 ZERO CROWNで博物館への旅!
画像ギャラリーはこちら

クラウン&DNA dB ES501をチョイス!

さて、お次はクルマのチョイス。ちょっとばかり距離があるところだから、そこそこ足の速いクルマがイイ。そして自動車博物館=歴史ということで、1955年に日本初の純国産乗用車として誕生したトヨタ・クラウンが抜擢されました。とはいうものの、私、歴史は大の苦手。学生時代は「過去は振り返らない主義なんで…」で、ずっと通してきたんですけどネ。

そして最後に、クラウンに似合うタイヤの選択です。クラウンと言えば、日本の高級車をリードする伝統のブランドとして、長い間フラッグシップカーとして君臨してきたブランドカー。そんな伝統の重みを感じつつ、「すべてにおいて原点に立ち返るクルマづくり」にチャレンジするということで「ZERO CROWN」と名づけられた12代目クラウンにピッタリなもの…。そこで、クラウンよりは歴史は浅いものの、今年の2月に発売された、横浜ゴムの「DNA dB ES501」をチョイスすることにしました。

今度のデシベルは98年に発売された初代となる「ASPEC dB」から数えて3代目。ポイントとなる特徴は、 (1)高級乗用車にふさわしいハイレベルな静粛性と、(2)省燃費性能、(3)さらに優れたウエット性能の3本柱です。昔から、長距離乗っていちばん疲れないクルマと言わしめたクラウンに(1)はピッタリだし、遠出するならお財布にも優しい(2)の性能は嬉しい限り。さらに梅雨間近ということもあって(3)の性能はありがたいところ、というわけで、実に今回の企画にピッタリじゃぁないですかっ!

さて、最後の最後のサイズ選択。よくタイヤを交換するというと、サイズアップやインチアップが頭をよぎりがちですが、今回はあえてノーマルサイズを選択。というのも「タイヤが減ってはきたものの、何にしたらいいかわからないから、とりあえず同じ銘柄を大型量販店に買いにいったんだけど、なんか今までのとパターンが違うんだよね…」というお友達がいたから。

そうなんです。OEタイヤと市販のタイヤって、同じ名前でもパターンや中味(ゴムの配合など)が違ったりするんですよね。というわけで、今回は215/60R16のノーマルサイズで行くことにしました。

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

竹岡 圭
筆者竹岡 圭

OLを経て、自動車専門誌を皮切りに、モータージャーナリスト活動を開始。国内外のレース、ラリーなど自らモータースポーツ活動に関わりながら、海外のモーターショーを精力的に回るなど、なにごとにも積極的に取り組んできた結果、近年は一般誌、女性誌、Web媒体、新聞、TV、ラジオなど、その活動はとても多彩なジャンルに広がっている。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ クラウンアスリートの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ クラウンアスリートのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ クラウンアスリートの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ クラウンアスリートの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ クラウンアスリートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる