autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ダイハツ タント/タントカスタム 試乗│着実に進化を続ける人気軽ハイトワゴン

試乗レポート 2018/3/9 11:38

ダイハツ タント/タントカスタム 試乗│着実に進化を続ける人気軽ハイトワゴン(1/3)

関連: ダイハツ タント Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 島村 栄二
ダイハツ タント/タントカスタム
ダイハツ タント/タントカスタムダイハツ タント/タントカスタムダイハツ タントダイハツ タントカスタム画像ギャラリーはこちら

ライバル勢に大きな影響を与えたタント

ダイハツ タント/タントカスタム

軽自動車の人気車種といえば、今はホンダ N-BOXだ。

2011年に発売された先代型は、驚くほど広い室内が注目されてヒット作になった。2017年9月に発売された現行型は、先進安全装備のホンダセンシングも採用して機能を一層充実させている。歩行者を検知して緊急自動ブレーキを作動させ、電動パワーステアリングを制御して回避操作をうながす安全装備も採用した。

N-BOXは2013年/2015年/2016年(いずれも暦年)に軽自動車の販売1位になり、2017年は小型/普通車も含めた国内販売のナンバーワンになっている。

N-BOXが高い人気を得た背景には、ライバル車となるダイハツ タントの影響も大きいだろう。

初代タントは2003年に発売され、全高が1700mmを上まわるボディによって軽乗用車では最大級の室内空間を備えた。それまでのダイハツ ムーヴやスズキ ワゴンRは、現行型も含めて全高が1600~1700mmに収まるため、タントの広さは新鮮であった。

ダイハツ タントカスタム

そして2007年12月に発売された2代目タントは、後席のドアに特徴を持たせている。右側は前後のドアともに横開き式だが、左側には新たにスライドドアを装着した。左側は中央のピラー(柱)が現行型と同じくスライドドアに埋め込まれ、前後を両方ともに開くとワイドな開口幅が得られた。

また2代目タントの直後、2008年1月にはスズキ パレットが発売され、これも全高が1700mmを上まわる背の高い軽自動車であった。後席のドアはスライド式で、タントのようなピラーをドアに埋め込んでワイドに開く構造ではないが、両側に備えている。この後、パレットは2013年3月に先代スペーシアに発展した。

このようにタントは、全高が1700mmを超える背の高い軽自動車の先駆的な存在として売れ行きを伸ばし、N-BOXもタントの勢いに乗って登場した。3代目の現行タントは2013年10月に発売され、2014年には軽自動車と小型/普通車を含めた国内販売の1位になった(軽自動車市場の2位はN-BOX)。しかし2015年以降は、前述のようにN-BOXに1位を奪われている。

ダイハツ タント/タントカスタムを画像でチェック(118枚)

着実に進化を遂げるタント

ダイハツ タントダイハツ タントカスタム

それでもタントはダイハツの基幹車種とあって改良を着実に行い、2014年にはグレードを追加。2015年にはマイナーチェンジされてフロントマスクや内装のデザインを変更した。緊急自動ブレーキを作動できる安全装備は、赤外線レーザーのスマートアシストから、単眼カメラを併用するスマートアシストIIに進化している。

2016年11月には、2個のカメラをセンサーとして使うスマートアシストIIIが採用された。緊急自動ブレーキは歩行者に対しては時速50km、車両については時速80kmを上限に作動する。車線逸脱などの警報機能も装着した。

2017年12月にはパノラマモニターを新たに設定。ボディの四隅に装着されたカメラ映像を合成して、車両の周囲を上空から見たような映像としてモニター画面に表示する。目新しさはないが、車庫入れがしやすくなって安全性を高める効果もある。

このような進化を検証すべく、タントの最新モデルに改めて試乗した。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ダイハツ タント の関連編集記事

ダイハツ タントの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ タント の関連編集記事をもっと見る

ダイハツ タント の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR