これホントに軽トラ!? ヤンチャ過ぎるイカツい軽トラック カスタム3選!

画像ギャラリーはこちら
日本全国津々浦々の風景に欠かせないもの、それは軽トラック。しかし、あまりにも当たり前の存在だからこそ、人とは違う自分だけの1台にしたい……

実はそんな願望をかなえてくれる“軽トラ専用カスタム”が存在しているのをご存じだろうか!

今回は週末のレジャーのお供にも連れて行きたくなる、ヤンチャ過ぎる軽トラ3選をご紹介。アナタ好みの1台はどれだ!?

格好良過ぎ! 軽トラックのカスタムカーを写真で見る[画像65枚]

目次[開く][閉じる]
  1. こだわり抜いた流麗な仕上がり!「ZERO’Novel Emotional」
  2. 昭和の香りも漂うレーシーさ!「Baby Gang(ベビー ギャング)」
  3. 軽トラカスタムの先駆け的存在「慶虎(ケイトラ)」!

こだわり抜いた流麗な仕上がり!「ZERO’Novel Emotional」

カストラ(カスタム トラック)にこだわり続ける翔プロデュースがイチ押しする、軽トラックのカスタムモデルが「ZERO’Novel Emotional(ゼロ’ノベルエモーショナル)」。500系ダイハツ ハイゼットトラック・ハイゼットジャンボをベースに、存在感たっぷりなカスタムパーツを生み出した。

豊富なパーツラインナップで見違える仕上がりに

ハイゼットトラックを彩る流麗なフルエアロのスタイリッシュさは格別だ。

フロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラー、リアアンダースポイラーのアンダースポイラー3点セットに加え、大開口部を持つグリルと一体のフロントバンパー、カスタムフェンダー、レーシングカーを想わせるダクト付きのサイドステップなど、エアロ系カスタムパーツのラインナップは驚くほど多岐に渡る。

また、オリジナルアルミホイール「リザルタードメッシュ II」のスポーク越しに見える大径のディスクローターとブレーキキャリパー、その名も「途真里奈/極」(とまりな・きわみ!)にも注目したい。

細部に至るまで究極の格好良さにこだわり抜く、ZERO’Novel Emotionalの完璧さには脱帽するしかない!

昭和の香りも漂うレーシーさ!「Baby Gang(ベビー ギャング)」

続いてご紹介するのは、レーシーな仕上がりが印象的なK.BREAK(ケイブレイク)の「Baby Gang(ベビー ギャング)」。

ディテールを見回すと、実のところエアロ自体は控えめなテイストなのだが、デモカーの仕上がりは抜群過ぎる!

ヤンチャなのにどこか憎めないヤツ!

ちょっと懐かしいテイストのオーバーフェンダーは、カツカツなローダウンのスタンスと絶妙にマッチ。デモカーの荷台に組まれたオリジナルのロールケージとの組み合わせで、昭和の街道レーサー風に仕立てた。

オジサン世代は郷愁を覚え、そして若い世代には新鮮に映ることだろう。

そしてヤンチャ過ぎる佇まいなのに、どこか憎めないかわいらしさがあるのも面白い。札付きの“ワル”ではなく、“街のいたずらっ子”といった感じか。これもコンパクトな軽トラのサイズ感ゆえだろう。

ともあれ、Baby Gangは眺めているだけでも思わず楽しくなってくる1台だ。

軽トラカスタムの先駆け的存在「慶虎(ケイトラ)」!

最後にお届けするのはKei-Zoneの「慶虎(ケイトラ)」! 軽トラカスタムの先駆け的存在として知られるオリジナルブランドだ。

一体感あるエアロだが日常の使い勝手にも配慮

一体感のあるエアロパーツは、サイドパネルやリアバンパーも荷台下を綺麗に囲むようなデザインとなっている。その一方で軽トラ本来の高い実用性を損なわないために、荷台左右と後方のあおりやバッテリー点検口、給油口の開閉も容易に出来るよう、日常での使い勝手もしっかり配慮されている。そんな点も、慶虎が長く支持を集める理由だ。

また、軽トラの主力選手であるダイハツ ハイゼットトラックやスズキ キャリイ、そして各OEMモデルに対応するのはもちろんのこと、ホンダ アクティや三菱 ミニキャブトラック(オリジナル版)など、各社のありとあらゆる軽トラックに対応しているのも老舗ならではといえるだろう。

ちなみに兄弟ブランドとして、軽1BOXバン・ワゴン向け「慶番」(ケイバン)も用意されており、こちらも同様にワイドラインナップとなっている。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

ダイハツ/ハイゼットトラック
ダイハツ ハイゼットトラックカタログを見る
新車価格:
69.3万円257.9万円
中古価格:
15.7万円400万円
スバル/サンバートラック
スバル サンバートラックカタログを見る
新車価格:
85.8万円147.4万円
中古価格:
11万円470万円
トヨタ/ピクシストラック
トヨタ ピクシストラックカタログを見る
新車価格:
69.3万円131.4万円
中古価格:
38.9万円470万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 草津温泉 つつじ亭
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ダイハツ ハイゼットトラックの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ ハイゼットトラックのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ ハイゼットトラックの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ ハイゼットトラックの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ ハイゼットトラックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる