コンパクトながら広く使い勝手も抜群! 「JP STAR HAPPY1」は軽トラベースの高コスパなキャンピングカー【東京アウトドアショー2022】

画像ギャラリーはこちら
アウトドアに似合うクルマといえば、キャンピングカーも忘れてはならない。愛知県のMoon Star Exportは、軽トラックのダイハツ ハイゼットトラックをベースとしたコンパクトなキャンピングカー「JP STAR HAPPY1」を「TOKYO OUTDOOR SHOW 2022(東京アウトドアショー2022)」に展示した。
目次[開く][閉じる]
  1. 工夫にあふれたキャビン設計により大人4人が就寝可能
  2. このサイズで大人4名が就寝可能というマジック!
  3. 充実した標準装備で、キャンピングカーの楽しさを満喫

工夫にあふれたキャビン設計により大人4人が就寝可能

キャンピングカーといっても、ハイエースなどの外観をそのままに、内部を改造した「バンコンバージョン(バンコン)」、トラックのキャブを利用し、後部にキャビンを新設した「キャブコンバージョン(キャブコン)」など、その種類や特徴はさまざま。快適に過ごす空間を欲すると、車体が大きくなりがちなのは共通だが、実際にキャンピングカーで旅すると、コンパクトなほうが色々とラクだと感じる人は多いのではないだろうか。

でも「JP STAR HAPPY1」は、軽トラックのダイハツ ハイゼットトラックがベースなので、絶対的な寸法が小さく、どこでも入って行けて駐車場所も選ばないのがポイントだ。

軽ベースではさすがに狭いのでは? と思いきや、同車は寸法を拡大し、普通車登録(8ナンバー)となっている。それでも全長は約3.8m、全幅は約1.7mしかないので、取り回しの良さは抜群だ。室内高さも約1.7mを確保しており、実際にキャビンに入ると、軽ベースとは思えないほどに広々。このコンパクトさでも乗員4名・就寝定員4名を確保している。

このサイズで大人4名が就寝可能というマジック!

車内にはシンクとL字型のソファが備わり、運転席・助手席以外の乗員は、このソファに座って移動する。そのため、ソファにもちゃんとシートベルトを持つ。収納は豊富で、ソファ下とキャビン上部に合計9箇所を備えている。

就寝時は、ソファのクッションをいったん取り外して収納スペースの扉を開き、クッション下のパネルをエントランスドアに展開すると、先ほど開いた扉がパネルの足となり、ベッドスペースの床になる。そしてクッションを敷き直せばフロアベッドが生まれるという、工夫に満ち溢れた設計を採用する。

フロアベッドは長さが約2.2m・幅は約1.2mもあり、大人2名が快適に眠ることが可能だ。

キャブ上部のバンクベッドは、パネルを引き出すと完成。こちらも大人2名の就寝を可能とする。

充実した標準装備で、キャンピングカーの楽しさを満喫

「JP STAR HAPPY1」には、100V外部電源入力・エントランスドア・室内LED照明・脱着式テーブル・カーテン・網戸・給水・排水タンク・3000wインバータ・150wソーラーパネルなど、キャンピングカーに必要な多くの機能を標準装備。これらがオールインワンで揃い、販売価格は360万円(消費税込み)である。

増加した車重に対してもオプションで後部タイヤを太くして安全性を確保することが出来るほか、ハイゼット自体も予防安全機能スマートアシストを搭載しており、車体の小ささと相まって誰でも気軽にキャンピングカーライフを楽しめる。

なおベースのダイハツ ハイゼットトラックが新型にスイッチしたため、今後は「JP STAR HAPPY1」もベース車が切り替わるとのことだ。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:島村 栄二]

ダイハツ/ハイゼットトラック
ダイハツ ハイゼットトラックカタログを見る
新車価格:
90.2万円260.7万円
中古価格:
15.4万円470.3万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 四季彩一力

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ダイハツ ハイゼットトラックの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ ハイゼットトラックのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ ハイゼットトラックの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ ハイゼットトラックの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ ハイゼットトラックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる