ホンダ 新型WR-Vの燃費やグレードの違いなどを解説|おすすめは234万9600円のZグレードだ

画像ギャラリーはこちら

ホンダでは他車種に比べて割安なSUVとして、2023年12月21日(木)に新型WR-Vが発表されました。生産や納車は2024年3月22日(金)から行われます。

そこでカーライフ・ジャーナリストの渡辺陽一郎さんがテストコースでの試乗を踏まえ、新型WR-Vのグレードやライバル車との違いなどを解説します。

目次[開く][閉じる]
  1. 新型WR-Vのレビュー・評価
  2. 新型WR-Vの外観(エクステリア)
  3. 新型WR-Vの内装(インテリア)
  4. 新型WR-Vの荷室
  5. 新型WR-Vのエンジン
  6. 新型WR-Vのプラットフォーム
  7. 新型WR-Vの走行性能
  8. 新型WR-Vの乗り心地
  9. 新型WR-Vの燃費
  10. 新型WR-Vのグレード構成と価格
  11. 新型WR-Vのライバル車比較

新型WR-Vのレビュー・評価

外観

4.0

★★★★☆

内装・居住性

3.0

★★★☆☆

走行性能

3.0

★★★☆☆

運転のしやすさ

4.0

★★★★☆

乗り心地

4.0

★★★★☆

燃費

4.0

★★★★☆

価格の割安度

4.0

★★★★☆

新型WR-Vの良い点

・後席や荷室が広く、4名乗車や荷物を積む用途に適する

・走行安定性と乗り心地のバランスが優れている

・価格はさらにコンパクトなトヨタ 新型ヤリスクロスと同程度に抑えた

× 新型WR-Vの気になる点

・内装の質はコンパクトSUVの平均水準で、ホンダ 新型ヴェゼルには負ける

・サイドブレーキはレバー式で馴染みやすいが、古さも感じる

・登坂路ではエンジンノイズが拡大して少々耳障りに感じる

新型WR-Vの外観(エクステリア)

新型WR-Vの外観(エクステリア)は野性的で、アウトドアライフをイメージさせます。都会的な新型ヴェゼルとは対称的です。

トヨタ車でいえば、新型ヴェゼルは新型ハリアー風で、新型WR-Vは新型RAV4に近いです。

新型WR-Vの試乗を開始すると、運転のしやすさに気付きました。ボンネットの左右が持ち上がり、ボディの先端や両端の位置が分かりやすいです。

注意したいのは後方視界で、リアウィンドウの下端を後ろに向けて持ち上げられている点です。

新型WR-Vの外観(エクステリア)に塊感や躍動感を与えるためですが、後方視界を少し損なっています。

新型WR-Vの開発者は「開発の初期段階では、もっとデザイン性を重視して後方視界が悪かった。これでも開発の過程で視界を改善させた」と述べました。

それでも水平基調なので、ボディの四隅は分かりやすく、最小回転半径も5.2mに収まります。昨今のSUVでは、運転しやすい部類に入ります。

新型WR-Vのボディサイズ

新型WR-Vのボディサイズは、全長が4325mm、全幅は1790mmなので、新型ヴェゼルと同等です。ただし全高は1650mmで、新型WR-Vが60mm〜70mm上まわります。

そのために新型WR-Vは、全長が4400mm以下のコンパクトSUVとしては、室内空間に余裕があります。新型ヴェゼルと比べても広々としています。

新型WR-Vの内装(インテリア)

新型WR-Vの車内に入ると、インパネのデザインはコンパクトSUVの平均水準です。新型ヴェゼルほど上質ではありません。サイドブレーキもレバー式で、スイッチ操作で作動する電動式は採用していません。

つまり車内は平凡ですが、逆にいえば、視認性や操作性が馴染みやすいです。

エアコンのスイッチは高い位置に装着され、直感的に操作できます。ATレバーも前後に動かすタイプで、10年前に新車で購入したクルマから乗り替えても、違和感は生じにくいでしょう。

新型WR-Vの座り心地

新型WR-Vの前席の座り心地は、サイズに余裕があり、腰をしっかりと支えます。肩まわりのサポート性も良いです。もう少し座面の前側を持ち上げる、あるいは腰を下げると、体がさらに確実にホールドされます。

新型WR-Vの後席は座面の前方が持ち上がっています。そのため、腰が適度に下がって体が安定します。

新型ヴェゼルに比べると、シートアレンジは乏しいですが、座面の造りは優れています。座り心地にボリューム感を持たせて、乗員を確実に支えます。

新型WR-Vに身長170cmの大人4名が乗車した時、後席に座る乗員の頭上には、握りコブシ1つ弱の余裕があって新型ヴェゼルよりも広いです。膝先には握りコブシ2つ半の空間があり、前後方向の広さは新型ハリアーなどのLサイズSUVと同等です。

新型WR-Vの乗降性

新型WR-Vの乗降性も良好です。天井が新型ヴェゼルよりも高めなので、頭を大きく下げずに済みます。

前後席の間隔は新型ヴェゼルと同程度ですが、新型WR-Vの方がホイールベース(前輪と後輪の間隔)は40mm長いです。そのために後席の乗降時に、後輪の収まるホイールハウスが邪魔になりにくいです。

新型WR-Vの荷室

新型WR-Vは荷室にも余裕があります。荷室の床面を低く抑えたこともあり、後席を使っている時でも容量は458Lが確保されました。

新型ヴェゼルはボディサイズの割に荷室が広くても約400Lなので、新型WR-Vは空間効率が優れています。

新型WR-Vのエンジン

新型WR-Vのエンジンは直列4気筒1.5Lのノーマルタイプのみを搭載して、最高出力は118馬力(6600回転)、最大トルクは14.5kg-m(4300回転)です。

この性能は新型ヴェゼルのノーマルエンジンと等しいです。

新型WR-Vの駆動方式

新型WR-Vの駆動方式は、4WDは用意されず前輪駆動の2WDのみです。

新型WR-Vのエンジンの性格は、実用回転域の駆動力を重視して扱いやすく感じます。

新型WR-Vの動力性能は1.5Lエンジンの平均水準ですが、4000回転を超えると吹き上がりも活発になり、高回転域の伸びも良好です。

ただし、新型WR-Vのノイズは少々気になります。登り坂でアクセルペダルを踏み増すと、エンジン回転が高まると同時にノイズも拡大します。4気筒なので、3気筒のような粗さはありませんが、耳障りな印象をもう少し抑えて欲しいところです。

新型WR-Vのプラットフォーム

新型WR-Vのプラットフォームは新型ヴェゼルなどと基本的に共通ですが、燃料タンクは前席の下ではなく後席の下側に搭載されています。そのために新型WR-Vは、新型ヴェゼルに比べてシートアレンジが単純化されましたが、後席の座り心地は向上されています。

新型WR-Vの走行性能

そして新型WR-Vの走行安定性は、共通のプラットフォームを使う新型ヴェゼルに似ています。全高が60mm高いため、カーブを曲がる時のボディの傾き方は少し大きめですが、挙動の変化が穏やかでドライバーや乗員は不安を感じにくいでしょう。

また適度に大きな挙動変化は、ドライバーにとって車を操る楽しさを盛り上げてくれます。速く走るなら、低重心で傾き方の少ないクルマが有利ですが、運転の楽しさになると挙動の変化も大切な要素になります。

今回の新型WR-Vの試乗はテストコースで行われましたが、峠道のような曲がりくねった場所もありました。旋回軌跡を拡大させにくく、運転しやすいです。

また下り坂のカーブを曲がりながら危険を避ける操作を行っても、後輪がしっかりと接地して、回避操作を行った後で挙動が乱れる心配も抑えられます。安心感が高く、ドライバーや乗員に向けた優しさの感じられる運転感覚に仕上げられました。

新型WR-Vの乗り心地

新型WR-Vの乗り心地はコンパクトSUVでは優れた部類に入ります。時速40km以下で路面の荒れた場所を走ると、コツコツした硬さを感じられますが、タイヤが路上を跳ねるような粗さは抑えられています。速度が上昇すると快適になります。

新型WR-Vの後席は一般的に前席に比べて乗り心地が悪化しやすいですが、コンパクトSUVとしては快適です。床には振動が相応に伝わりますが、先に述べた通り後席の座面にボリューム感が伴うため、体で感じる乗り心地は快適なのです。

新型WR-Vのタイヤ

ちなみに試乗車のタイヤは、17インチのブリヂストン・トランザT005Aで、比較的上質です。指定空気圧も前輪が230kPa、後輪は220kPaなので、燃費向上のために過剰に高めることはしていません。タイヤの設定も乗り心地を快適にできた秘訣です。

新型WR-Vの燃費

その一方で新型WR-VのWLTCモード燃費は16.4km/Lなので、同じエンジンを搭載する新型ヴェゼルの17.0km/Lには達しませんが、悪くはないです。

新型WR-Vのグレード構成と価格

新型WR-Vのグレードは前述の通り2WDのみで、3種類を用意しました。

ベーシックなXグレード(209万8800円)、中級のZグレード(234万9600円)、上級のZ+グレード(248万9300円)です。

エンジンや足まわりのセッティングなどは全車共通です。

グレードによって異なるのは装備で、Xグレードにも衝突被害軽減ブレーキやLEDヘッドライトなどは標準装着されますが、推奨度が最も高いのはZグレードです。

価格はXグレードに比べて25万800円高いですが、17インチアルミホイール、LEDフォグランプ、荷室の荷物を隠すパーセルカバーなどが加わり、シート生地も上質になって車内のソフトパッドも加わります。

Z+グレードはZグレードに比べると13万9700円高く、主に外装がドレスアップされます。これは好みに応じて選べば良いでしょう。ベストグレードはZです。

新型ヴェゼルは先代型では1.5Lのノーマルエンジンが豊富に用意されましたが、現行型になってGグレードのみに絞りました。ハイブリッドのe:HEVが中心になり、価格帯も高まりました。

販売店からは「新型ヴェゼルでは予算を超えるお客様が、トヨタの新型ヤリスクロスなど他社のコンパクトSUVを選ぶ傾向が見られます」という話も聞きます。

そこで改めて、ノーマルエンジンを搭載する新型WR-Vをインドから輸入することになったのでしょう。

そのために新型WR-Vは実用性を高めて価格は割安に設定されています。

新型WR-Vのライバル車比較

新型ヴェゼルにノーマルエンジンを搭載するGグレード(239万9100円/2WD)に比べると、新型WR-V Zグレードはパーセルカバーなどが加わってアルミホイールも17インチになります。

他社のライバル車としては、新型ヤリスクロス Zアドベンチャーグレード(233万1000円/2WD)が同じ価格帯の筆頭に挙げられます。

ステアリングヒーターなどの装備は新型ヤリスクロスが充実されますが、新型WR-Vは後席と荷室が広く、エンジンノイズは小さくて乗り心地は快適です。

このように新型WR-Vは、車内の広さは新型ヴェゼルと同等で、外観は新型RAV4のようにアウトドア感覚を強め、価格は全長が100mm以上短い新型ヤリスクロスと同程度に抑えました。

ノーマルエンジンを省いた新型ヴェゼルの不利を挽回するため、買い得度を強めています。安価にSUVを手に入れたい方にはおすすめのモデルとなっています。

合わせて読む

【筆者:渡辺 陽一郎 カメラマン:茂呂 幸正】

新型車購入を考えている方は必見! 車をラクに高く売れる一括査定サービス「MOTA車買取」とは


新車購入を考えているなら、いま乗っている車を少しでも高く売りたいですよね?

そんな方におすすめなのが、車の一括査定サービス「MOTA車買取」

車などの情報を1回入力するだけで、複数の買取店へ同時に見積もり依頼が可能。MOTA車買取なら、最短45秒で入力が終わるほど簡単です。

買取店とのやりとりは高額な査定を出した上位3社とだけ。MOTA車買取なら「たくさんの業者から電話がきてしまう」なんて心配もありません。

なによりメリットは、その上位3社に選ばれるために最大20社の買取店が競い合うため、高額査定が期待できることです。

MOTA車買取の主な特徴

(1)45秒で入力完了! 簡単に査定依頼できる

(2)申し込み直後には電話がかかってこない

(3)業者とのやりとりは査定額の上位3社だけ

(5)最大20社が競い合うから査定額が高額に!

(5)“車両引取日の翌日まで”キャンセル無料

車の買取価格が知りたい方や、MOTA車買取の口コミが気になる方、車を少しでも高く売りたい方は下記バナーをクリック!

見積もり後でも無料でキャンセル可能です。まずはお気軽にお申込みください。

MOTA車買取でいますぐ買取価格を調べる


この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる