BMWからSUVの新型EV「iX」日本初公開! 正式発売前に個性的過ぎる外装デザインを写真で紹介

画像ギャラリーはこちら
ビー・エム・ダブリューは2021年9月7日(火)、報道関係者向けに電気自動車(EV)「iX(アイエックス)」を公開した。今年秋に国内で正式に発売される予定で、初期生産モデルのiX xDrive40とiX xDrive50のローンチエディションはBMWオンラインストアで先行予約受付が6月9日(水)から始まっている。ローンチエディションの価格(税込)は1155万円〜1373万円。

今回公開されたのはすでにBMWの各ディーラーなどで展示されているiX xDrive40だ。その外装の特徴を写真で紹介しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. ボディサイズはX5並み! 一枚岩のようなデザインが力強さを表現
  2. フロントグリルは縦長のキドニーグリルを採用! ライト類はBMW史上最もスリムなデザインに
  3. スポーティさを表現したボディサイドも特徴的だ
  4. テールゲートを開けた状態でもライト類が点灯! 視認性の向上に役立つ

ボディサイズはX5並み! 一枚岩のようなデザインが力強さを表現

iXは現代的なSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)として、クロスオーバー寄りの都市型SUV然としたデザインだ。ラインが少ない一枚岩のようで、力強さや頑丈さを表現している。

ボディサイズはiX xDrive40が全長4953mm×全幅1967mm×全高1695mm。iX xDrive50は全高のみ1mm高い1696mmだ。X5が全長4910~4955mm×全幅1985~2015mm×全高1760~1770mmのため、長さは同程度、幅と高さはX5より少し小さいことになる。

ホイールサイズはxDrive40とxDrive50ともに20インチでかなりの存在感がある。

iシリーズの特徴であった青いラインは控えめ

iXは日本仕様向けに、iシリーズの特徴であったグリルとサイドの青いラインを廃止している。

これはi3やi8などすでに日本に導入されているEVモデルのユーザーから「電気自動車らしくないデザインの方が良い」という声を受けてのものだという。

そのため、エンブレム周りやヘッドライト、内装などの一部には青いラインが残されているが、あまり目立たないようになっている。

フロントグリルは縦長のキドニーグリルを採用! ライト類はBMW史上最もスリムなデザインに

ヘッドライトはBMWの特徴である4つ目の新デザインとして最もスリムな構造とした。オプションでマトリックス機能付きアダプティブLEDヘッドライトにレーザーライトモジュールを組み合わせたBMWレーザーライトも用意した。

フロントグリルには2020年に発売された4シリーズ同様キドニーグリルが際立つ特徴的なデザインを採用する。

表面はポリウレタンによるコーティングが施され、小さなかすり傷などは室温で24時間以内に、温風下では5分で修復する自己修復効果がある。

スポーティさを表現したボディサイドも特徴的だ

ボディサイドもSUVらしいデザインを強調している。ボディと面一になったドアハンドルも特徴的だ。ドアハンドルに内蔵された間接照明も高級感を演出している。

また、サイドウインドウからリヤエンドにかけてはリヤに向かって徐々に細くなるウインドウ形状と前傾したCピラーがダイナミックなライン「ストリーム・フロー」がボディ側面の空気の流れを象徴する。また、リヤサイドウインドウとリヤウインドウの間を位置にはiXの車名が刻印される。

今回、BMWで初めてラージSAVモデルにフレームレスサイドウインドウを採用している。従来はBMWのクーペモデルにのみ用いられてきた構造だが、これによってiXのスポーティなキャラクターを象徴し、流れるようなデザインにまとめた。また、遮音性を高めるため、ドア周りには三層式の密閉構造となっている。

ドアミラーも空力性能と視界を高めるデザインを施している

iXのドアミラー形状は風切り音を低減させ、空力性能と視界の向上に寄与する。スリムなミラー脚部はサイドウインドウのフレーム下部に直接取り付けることで、三角形のミラーベースを廃止した。

テールゲートを開けた状態でもライト類が点灯! 視認性の向上に役立つ

リヤにも力強いボディラインと幅広さを強調するデザインが施されている。リヤに流れるルーフとリヤエプロンのディフューザーエレメントにより、空力性能を向上。

テールゲートは継ぎ目なく横いっぱいに広がるデザインとし、リヤビューカメラはテールゲート中央のBMWロゴの黒いリング部分に目立たないように組み込まれている。

エンブレム内にはカメラレンズの自動クリーニングシステムが内蔵されており、必要な時にエンブレムが突出し、ウォッシャー液を噴射して洗浄する機能も搭載された。

BMWの特徴的なL字型のLEDテールライトは一体構造で、ヘッドライトと同様にBMWの量産車として最もスリムな形状とした。

またバックアップライトとリヤフォグランプはリフレクターとともにスリムなデザインとなり、リヤエプロンのディフューザーに組み込まれている。

テールゲートを開けたところにも左右にセカンダリライトユニットを配置し、テールゲートを開けた状態でもバックライト、テールライト、ブレーキライトが確実に認識できるようになっている。

>>次回、BMWの新型EV「iX」内装編は9月12日(日)公開予定! 外装同様に驚きのインテリアをご紹介!

[筆者:篠田英里夏(MOTA編集部)/撮影:堤 晋一]

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 今宵天空に遊ぶ しょうげつ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

BMWの最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMWの中古車検索 BMWの記事一覧 BMWのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる