BMWも遂に半自動運転を実用化/BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏(3/3)

BMWも遂に半自動運転を実用化/BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏
BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏 BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏 BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏 BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏 画像ギャラリーはこちら

いざアクセルを踏み込めば!いかにもBMWらしい「気持ちいい!」運動性能に満足

BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏

全て自分で運転したい、という時は、機能を使わなければ良い。

景気よくアクセル踏むと、326馬力/450Nmを発生する3リッターターボ+8速ATがBMWらしい仕事をしてくれる。気持ちよ~く加速してくれるのだった。

ハンドリングやブレーキタッチもBMWの楽しさを存分に発揮。全長5110mm×全幅1900mmの大柄なボディが全く気にならない。

自動ブレーキの性能は最高級とはいかず

BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏

最近ニーズの高い自動ブレーキ(「ドライビング・アシスト・プラス」に含まれる衝突回避・被害軽減ブレーキ)は、BMWからの詳しい説明無し。おそらく40km/h程度であれば、追突しないで止まれる性能を持っていることだろう。

いっぽう歩行者の検出機能は残念ながら極めて弱い。といったあたり、BMWの自動ブレーキの性能は、メルセデス・ベンツやボルボと比べると厳しい。充実した自動ブレーキが欲しいなら、メルセデス・ベンツ Sクラスか次期型ボルボ S80(S90と呼ばれるらしい)を待つことをすすめる。

ライバル「Sクラス」や「ジャガーXJ」などと徹底比較し、じっくり悩んでみるべし

BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏

デザインやインテリアなどは写真の通り。充実したリアシートの快適性を持つのはラグジュアリークラスになれば当たり前のこと。静かな室内や、滑らかな乗り心地もSクラスやジャガー XJなどと好勝負。

選択基準は「どのブランドが好きか?」ということになると思う。

迷ったらこの3車種で乗り比べてみたらいい。案外キャラが違います。

[レポート:国沢光宏/Photo:原田淳]

※画像をクリックすると、より詳細な「BMW新型7シリーズ」をチェック出来るフォトギャラリーページへジャンプします。

BMW 新型 7シリーズ「740Li」 主要諸元

BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏

全長x全幅x全高:5250x1900x1485mm/ホイールベース:3210mm/車両重量:1980kg/乗車定員:5名/ステアリング位置:右/駆動方式:後輪駆動(FR)/エンジン種類:直列6気筒 DOHC BMW ツイン・パワー・ターボ・エンジン/総排気量:2997cc/最高出力:326ps(240kW)/5500rpm/最大トルク:45.9kg-m(450N・m)/1380-5000rpm/トランスミッション:8速オートマチックトランスミッション/燃料消費率:12.2km/L[JC08モード燃費]/タイヤサイズ:245/50R18タイヤ(標準仕様)/メーカー希望小売価格:13,460,000円(消費税込み)

※試乗撮影車には「アンビエント・エア・パッケージ」(43,000円)/「Bowers&Wilkinsサウンド・システム」(598,000円)/「BMWナイト・ビジョン」(296,000円)/「BMW Individual コンポジション」(4,042,000円:リア・コンフォート・パッケージ・プラス/デザイン・ピュア・エクセレンス・インテリア/は20インチ BMW Individualライト・アロイ・ホイール/BMW Individualフルレザー・メリノ・インテリア タルトゥーフォ/BMW Individualアルカンタラ・ルーフライニング タルトゥーフォ他)等、合計4,970,000円相当のオプションを追加装備

BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏
BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏
BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏
BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏BMW 新型 7シリーズ「740Li」試乗レポート/国沢光宏
前へ 1 2 3
この記事の画像ギャラリーはこちら
国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産リーフとトヨタ・プリウス、ホンダ・インサイト。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイト(http://kunisawa.net/)を運営中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

BMW 7シリーズの最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW 7シリーズのカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW 7シリーズの中古車検索 BMWの記事一覧 BMW 7シリーズの記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW 7シリーズのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる