autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エンタメ 愛車紹介 平中克幸選手/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」

レーサー愛車紹介 2012/7/3 14:05

平中克幸選手/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」(1/3)

関連: BMW 5シリーズ Text: 今井 優杏 Photo: 今井優杏
平中克幸選手/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」

平中選手の愛車はBMW 525i!秀逸な電子制御は、スーパー耐久の車両に通ずるモノが・・・!

SUPER GT300/#11 GAINER Audi R8-LMS ultra CJJ

今回のゲストは平中克幸選手!2012年はスーパーGT 300クラスに#11 GAINERからAudi R8-LMS ultra CJJにて参戦中です。

昨年は同チームからフェラーリ458GTCにて参戦、最終戦まで熾烈なシリーズチャンピオン争いを繰り広げ、大きな興奮を呼びました。また、2012年も開幕戦にて優勝、現在ランキング3位と好ポジション。そんな平中選手の愛車はBMW 525i Mスポーツでした。

平中克幸選手と愛車のBMW 525i Mスポーツ

―BMW 525i Mスポーツを選ばれた理由を教えて下さい。

これまでハリアーハイブリッド、ボルボ V70と乗り継いできて、次はスポーツカーっぽいのがいいな、と思っていたときにこのクルマに出逢ったんです。

―あら、ではBMWを指名買いしたといいうわけではないんですね。

ないです。スポーティに走れてセダンで見た目も良くて、という条件でした。家族がいるのでクーペは選択できないですしね(※注 平中選手は1児のパパです)。

―国産車という選択肢はなかったんですか。

平中克幸選手と愛車のBMW 525i Mスポーツ

輸入車が好きなんですよ…と言うよりは、国産セダンには望みのモデルがないんですよ。高級感に振り過ぎていたり、走りが物足りなかったりで。その点この525は望んでいたところに手が届いたんです。

―“ガッツリスポーツ”、というわけでなく“スポーティ”というところでしょうか。パワーなど、不満はないですか?

そこがねぇ(笑)。530以上にしとけばよかったかな、とは思います。後悔とまではいかないんだけど、ちょっと物足りないですね。

―でもお財布には優しいんじゃないですか?燃費はどれくらいですか?

一般道では8~9km/Lってところですね。一度高速道路で限界の燃費走行にチャレンジしたんだけど、そのときは15km/Lくらい出ましたけどね。でも惰性で走れるから、ある程度パワーがあったほうが、もしかしたら燃費面では優秀なのかなとも思いますよ。もちろん走り方にもよりますけどね。

―確かに、高速道路での移動が多い人はあまりに小排気量のエンジンよりも、ある程度アクセル開度を抑えられるパワーのあるものが良いですよね。それにしてもバラエティーに富んだ車歴ですね。

トヨタ ハリアーハイブリッドボルボ V70

ハリアーはハイブリッドだったということもあって、それこそ燃費にすごく気を使ってました。だけどウチにはミニチュアダックスが2匹いて、家族もいるのでもっとなにも気にせずアウトドアで荷物をポンポン積めるクルマが欲しくてV70にしたんです。

本当に何も気を使わずにカジュアルに乗れたV70も気に入っていたんですけど、そろそろちょっと若かりし頃を思い出して(笑)スポーティーに走れるほうがいいな、と。

そう、525にはストップウォッチが付いてるんですよ!もちろんサーキット以外での用途はあまりないんですけど、『そのままニュル(ニュルブルクリンク)も走れますよ』みたいな、“走ること”を演出してくれるところも気に入ってます。

―クルマを作ってる側も走りが好きなんだな、という感じもしますしね!

今、一樹さん(星野一樹選手)と一緒にドライビングスクールを開催してるんですよ。富士スピードウェイのP2駐車場に特設コースを作ってやってるんですが、そこで自分のクルマを走らせたときに改めて『このクルマ、いいなぁ』と思いました。

高速コーナーがとてもイイんですよ。重たさはありますが、アシが良く出来ています。電子制御もしっかり効くので、スピンするくらいまで振り回しても絶対スピンしません。BMWって、スーパー耐久のレース車両でも絶対にスピンさせないように作られているんですよ。ものすごく制御が効くんです。

―昨年はスーパー耐久でBMW・Z4のチームで監督をされてましたね。

トラコン、ABS、ヨーコントロールが付いてて、ちょっとでもズルッと滑るようなことがあればすぐに介入してきます。

―今やレーシングカーも電子制御なんですよねぇ。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

BMW 5シリーズ の関連編集記事

BMW 5シリーズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 5シリーズ の関連編集記事をもっと見る

BMW 5シリーズ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR