MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ベントレー 新型コンチネンタルGT&ベンテイガV8試乗|スポーツラグジュアリー極まるクーペとSUVをテスト! 2ページ目

試乗レポート 2018/11/7 11:37

ベントレー 新型コンチネンタルGT&ベンテイガV8試乗|スポーツラグジュアリー極まるクーペとSUVをテスト!(2/3)

ベントレー
ベントレーベントレーベントレーベントレー画像ギャラリーはこちら

唯一無二なW12気筒とクラフトマンシップ溢れるインテリアに酔いしれる

というわけで新型「コンチネンタルGT」。

ひと言でいうと天然素材と最先端のテクノロジーの融合です。

エクステリアは、フロントのカーブやリアのタイヤハウス上のカーブなどが歴代のコンチネンタルGTと共通のデザイン。また、ボンネットを長く、ノーズを低くし、前輪を前方に135mm伸ばしたことで、さらに堂々としたシルエットになっています。

エンジンは635馬力、VW製の6リッター W12 TSIエンジンを搭載し、8速デュアルクラッチトランスミッションを採用。先代に比べてボディをアルミにするなどで80kgも軽量になっていますが、それでも車両重量は2トン超えの2244kg。しかし0-100km/hは、3.7秒で最高速は330km/hという迫力のある速さを誇ります。

いっぽうでクラフトマンシップへのこだわりが強いのもベントレー。インテリアに使用する本革はすべて南ドイツ産の牡牛のもの。牡牛は虫のいない標高の高い場所で、傷がつかないように育てられたもので、とりわけ上質なものが選ばれています。また、ステアリングに施されているステッチは、熟練した職人がマイフォークで縫っているそう。さらにインテリアに使われる天然木は10平方メートル分にも及びます。本革のシートの厚みに頼もしさを感じますが、ダイヤ型のステッチ「ダイヤモンド・イン・ダイヤモンド」は、1つのダイヤ型が712個ものステッチで縫われています。厚みといえば2ドアのクーペなのでドアが大きく厚みがあるため、ドアの厚さ分の幅を考慮しないと駐車場などでドアが開かないとか、傷をつけてしまうということもあるかもしれません。

ベントレー
ベントレー

メーターパネルは液晶ディスプレイとなり、また、センターにある12.3インチのディスプレイは、フラットなウッドパネル、MMIディスプレイ、そして美しいアナログのダイヤル(外気温、コンパス、クロノメーター)と回転して3パターンになる演出も楽しいもの。特に移動中にアナログダイヤルにディスプレイを変えると、キラキラのコンパスがくるくる回る姿が美しいのです。ただし、エンタテイメント系は使い方に慣れないと少し使いにくいかもしれません。

また、暗い場所で車両に近づくと、ヘッドライトがだんだん明るくなり、ドライバーを出迎えてくれるなんて演出も。

ボディカラーは基本の17色に加えて、オプションを入れればなんと70色から選ぶことが可能なので、お気に入りの色が見つかりそうです。

サスペンションやエンジン、ギアボックスなどの設定を変えるは「ベントレー・ドライブ・ダイナミクス・コントロール」の仕事。と言ってもそもそも635馬力もあるので、たとえ「コンフォートモード」でも力強い走りです。ドライブモードは4つ。「コンフォートモード」「ベントレーモード」「スポーツモード」「カスタム」がありますが、ベントレーだけに「B」のマークの「ベントレーモード」を使いたくなりますが、このモードはまさにそんな心理を突いたかのようにバランスが良く、どこまでも気持ちよく走れる設定。ほかのモードも試みましたが、「Bモード」だとモード切り替えをしなくてもジェントルマンな走りを約束してくれます。2トン以上もの重さや全長&全幅共に大きいサイズなので気は使いますが、ハンドルさばきが軽やかで乗りにくくないのは「ベントレー・ダイナミック・ライド」や「エアサスペンション」「電動パワーアシストステアリング(EPAS)」、最新式の連続可変ダンピングコントロール、(CDC)など先進の車両制御のお陰でしょう。

しかし私が何より気に入ったのは車内の香りです。これは今まで取材しても何の香りかわからず、私としては革か接着剤の香りではないかと思うのですが「コンチネンタルGT」のこの気品漂う香りは、車内の香りをすべて吸い込みたくなるぐらい高貴な香りで、これだけでももっと乗りたい、運転したいという気分になってしまうのです。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ベントレー コンチネンタルGT の関連編集記事

ベントレー コンチネンタルGTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ベントレー コンチネンタルGT の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR