ベントレー 新型コンチネンタルGT&ベンテイガV8試乗|スポーツラグジュアリー極まるクーペとSUVをテスト!(3/3)

画像ギャラリーはこちら

頼もしいスタイリングと走り、そしてラグジュアリーな空間はまさに極上

そしてこの日の試乗はもう一台。

ベントレー初のラグジュアリーSUV「ベンテイガ」。

「どこから見てもベントレー」という頼もしいエクステリアデザインに、丸目4灯のLEDヘッドライトと大型のマトリクスグリルが印象的。そこに今回新しく加わったベンテイガのスポーティ担当「ベンテイガV8」です。

全長5148mm全幅1998mm全高1742mmとワイドサイズですが、4リッター V8ツインターボガソリンエンジンを搭載して550PS。0-100km/hは4.5秒、最高速は290km/hというなかなかの俊足なのに燃費がそれほど悪くないのは、8気筒のうち、必要に応じて半分の4気筒が休止モードになるという効果が大きいようです。しかもこれがあまりにもさりげなく切り替わるため、ほとんど気が付かないまま行われます。

そして2250kgの巨体をしっかり止めるブレーキはベントレー史上最大&最強のブレーキシステム「カーボンセラミックブレーキ」を搭載(オプション)。ほかにも「ベンテイガ」のセンターコンソールなどに使用したハイテク素材「ハイグロスカーボンファイバー」などを使ったインテリアも先進的。初採用といえばウッドとレザーを組み合わせたステアリングホイールは、ウッドの部分の仕上げを7種類から選択できるそう。

また、SUVだけに「ベントレーダイナミクスモード」によって8種類の中から走行モードを選択できます。またオフロードで活躍するのは「オールテレイン・スペシフィケーション」。オフロードや砂利道&草道など4つの悪路モードから選択可能。また、「マルチモード・サスペンション」によってこちらも4種類のモードを選択できるため、見掛け倒しではない真のSUVとしての威力も発揮してくれそう。ただし、残念ながら今回の試乗では試す機会があまりありませんでしたが。そしてさすがはVWグループ。ほかにもアダプティブクルーズコントロールやドライバーアシスト機能も充実。大きな車だけに自動パーキングも嬉しい装備です。

インフォテイメントシステムは8インチのタッチスクリーンタイプ。30か国語に対応し、日本語もあるのは違和感がありつつも瞬時に読めるのでやっぱり嬉しい。

ほかにもシートアレンジが4人~7人乗りまでできるし、世界初となるベントレー・ダイナミックライドを選べば、48ボルト駆動の電動式アクティブコントロール技術によって瞬時にロールを抑え、タイヤの接地性を最大限に上げることができます。確かにSUVなど背の高いクルマはタイヤや地面からドライバーが遠くなるため、クルマと地面が繋がっている感じがすると安心感がありますね。

ちなみに「ベンテイガV8」で物足りないという人には「ベンテイガW12」という選択肢もあります。「ベンテイガV8」の価格は1994万6000円、「ベンテイガW12」は2739万円ですが……。

やはり安いと言ってもこれは庶民にとっては夢のクルマ。

しかし、私が新しい2台のベントレーをドライブして思ったのは、ベントレーは背伸びして買う車ではないな、と。バブル当時、スーパーカー世代はフェラーリなど昔見た憧れのクルマをワンルームマンションに住みながら長期ローンで買うということもあったようですが、現代のベントレーは違います。ベントレーのために仕事を頑張るのではなく、仕事を頑張った結果でベントレーがついてきた、そんなクルマではないかと。

ところで来年のベントレー100周年には、なにかサプライズがあるのでしょうか?

筆者:吉田由美/写真:和田清志

ベントレー 新型コンチネンタルGT&ベンテイガ V8主要スペック

     
ベントレー 新型コンチネンタルGT&ベンテイガV8 主要スペック
新型コンチネンタルGT 新型ベンテイガV8
駆動方式 2WD(FR) 4WD
トランスミッション 8速デュアルクラッチトランスミッション 8速デュアルクラッチトランスミッション
全長 4805mm 5140mm
全幅(車幅) 1954mm 1998mm
全高(車高) 1405mm 1742mm
ホイールベース 2851mm 2995mm
最小回転直径 11.51m 12.4m
乗車定員 5人 5人
車両重量(車重) 2244kg 2395kg
エンジン W型12気筒ツインターボ V型8気筒ツインターボ
排気量 5950cc 3996cc
エンジン最高出力 381PS/6000rpm 550PS/6000rpm
エンジン最大トルク 900N・m/1350-4500rpm 770N・m/1960-4000rpm
0-100km/h加速 3.7秒 4.5秒
最高速度 333km/h 290km/h 
希望小売価格  2530万円 1994万6000円

※希望小売価格以外のスペックは英国/米国での値となります

ベントレー/コンチネンタルGT
ベントレー コンチネンタルGTカタログを見る
新車価格:
2,615.6万円2,615.6万円
中古価格:
299万円2,968万円
ベントレー/ベンテイガ
ベントレー ベンテイガカタログを見る
新車価格:
2,031.5万円2,837.6万円
中古価格:
2,017万円2,675万円
前へ 1 2 3
この記事の画像ギャラリーはこちら
吉田 由美
筆者吉田 由美

自動車雑誌や自動車関連ウェブサイトなどを中心に出演、寄稿しているほか、テレビ、イベント等でも幅広く活動している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 箱根吟遊
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ベントレー コンチネンタルGTの最新自動車ニュース/記事

ベントレーのカタログ情報 ベントレー コンチネンタルGTのカタログ情報 ベントレーの中古車検索 ベントレー コンチネンタルGTの中古車検索 ベントレーの記事一覧 ベントレー コンチネンタルGTの記事一覧 ベントレーのニュース一覧 ベントレー コンチネンタルGTのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる