アウディRS3セダン&RS3スポーツバック試乗|最も小さく最も辛いRS3の2モデルをテスト(2/3)

画像ギャラリーはこちら

可変ダンパー『マグネティックライド』は必須のオプション

そんなRS3で必須のオプションは、なんと言ってもマグネティックライドダンパーである。磁性流体の磁気を利用して素早くシームレスに減衰力を可変するこのダンパーシステムは、油圧ダンパーでは荒々しかったその乗り味を180度洗練方向へと変換させている。ちなみにR8 V10 plusではこれが標準装備。サードパーティのサスペンションキットを考えれば、13万円のエクストラコストは大バーゲンである。

またこのダンピング特性が優れているからだろうか、オープンロードだとスポーツバックとセダンの違いさえもがわからなかった。固めたはうの足回りでもハッチバックボディに剛性の不足は感じない。セダンの方が乗っていてやや小ぶりで、コッチリとしたフィーリングだが、ボディ形状の好みで選んでも性能に差は感じないと思えた。

また足回りに関しては、よく「セラミックディスクブレーキが必要か?」という質問を受ける。今回もスポーツバックにはこれが装備されており、セダンにはレスオプションという好都合な乗り比べができたのだが、一般公道ではそこに大きな違いはない。むしろ低温から普通に使えるという点で優れているのだが、サーキット走行を視野に入れるか、見た目の優越感を欲しいと感じない限りは必要ないと断言する。

RS3ほどの車重(スポーツバックで1590kg、セダンで1600kg)であればすぐ熱を入れられると思うが、これがRS4以上の速さや車重となると、耐久性は別として冷えたときからの一発目の制動にはスチールローターに分がある。つまりセラミックディスクブレーキは、ニュルブルクリンクのようなステージも睨んだ本格志向のパーツである。

この記事の画像ギャラリーはこちら
山田 弘樹
筆者山田 弘樹

自動車雑誌編集者としてキャリアをスタート。輸入車雑誌 副編集長、アルファ・ロメオ専門誌編集長等を経て、フリーランスのモータージャーナリストに。レース参戦なども積極的に行い、走りに対する評価に定評がある。AJAJ会員。カーオブザイヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

アウディ RS3セダンの最新自動車ニュース/記事

アウディのカタログ情報 アウディ RS3セダンのカタログ情報 アウディの中古車検索 アウディ RS3セダンの中古車検索 アウディの記事一覧 アウディ RS3セダンの記事一覧 アウディのニュース一覧 アウディ RS3セダンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる