MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アストンマーティン DB9 試乗レポート/石川真禧照

試乗レポート 2013/5/4 00:00

アストンマーティン DB9 試乗レポート/石川真禧照(1/2)

関連: アストンマーティン DB9 Text: 石川 真禧照 Photo: 和田清志
アストンマーティン DB9 試乗レポート/石川真禧照

エンジンはヴァンキッシュと同じ、似たようなスタイルのクルマがなぜ2車種あるのか?

アストンマーティンのDBシリーズは、1950年に登場したDB2が最初のモデル。その後、DB4、5、6、7と進化し、DB9が登場したのが2004年のこと。

以来、改良を受けながら今日に至っている。2013年モデルのアストンマーティン DB9は、そのスタイリングの特徴から、一昨年に加わったヴィラージュの進化型になる(新DB9の登場でヴィラージュは消滅)。

フロントに搭載されるエンジンはV型12気筒、6.0リッター。新開発のこのユニットはヴァンキッシュと同じだが、最高出力は56ps/250rpm低い517 ps/6500rpm、最大トルクは620Nm/5500rpmで、こちらは同値だ。

「多少、数値は違っていても同じエンジンなので、そう性格は違わないだろう。」「似たようなスタイルなのに、なんで2車種もあるのだろう。」

試乗する前にDB9とヴァンキッシュを並べて、ボクはそう考えた。

(そう、実は今回、ぜいたくにも夢のような2台を同時に試乗するという、なかなか無い機会に恵まれたのだ!)

それにしては、両車は1000万円も価格差がある。これは差がつきすぎだろう、とも思った。フツー、この2車を見たら、誰もがそう思うに違いない。

ヴァンキィッシュの試乗を終え、DB9に乗り込んだ。

エキゾーストノートは控えめだが、5000回転以上に達すると爆音が轟く

センターコンソール側面にあるスイッチでポジションを決める。

ステアリングホイールはヴァンキッシュよりも細身だ。センターパネルのエアコンなどの操作も、タッチパネルではなく、スイッチをプッシュするタイプだ。

トランスミッション「6速タッチトロニック2」のシフトはセンターパネルのボタンで操作する。その中央にあるキーを押し込み、エンジンスタート。Dボタンを押し、アクセルを踏み込む。最初は標準モードだ。

エキゾーストノートは抑えられている。エンジン始動の瞬間も、2000回転あたりまでしか吹け上がらないので、爆音が周囲に響くことはない。スポーツモードにして4000回転まで引っ張っても、ヴァンキッシュのような爆音は発しない。さらにアクセルを踏み込み、5000回転以上に達すると、ようやくアストンらしい爆音が周囲に轟くのだ。

[次のページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

アストンマーティン DB9 の関連編集記事

アストンマーティン DB9の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アストンマーティン DB9 の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR