MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート インフィニティ初のコンパクトカー「Q30」試乗!反響次第で日本に導入? 4ページ目

試乗レポート 2015/11/27 15:30

インフィニティ初のコンパクトカー「Q30」試乗!反響次第で日本に導入?(4/4)

関連: 米国インフィニティ Text: 塩見 智 Photo: Infiniti
インフィニティ初のコンパクトカー「Q30」試乗!反響次第で日本に導入?

数あるプレミアムコンパクト勢の中でも十分な存在感

インフィニティQ30

BMWがミニのモデルラインアップを拡充して大成功してからというもの、プレミアムブランドはこぞってコンパクトカーを売り出すようになった。同じプラットフォームから、ちょっとずつ違うモデルをとにかくたくさん取り揃えるのがトレンドで、あまりの増殖ぶりに若干引くこともあるが、とにかくそういう戦いになっている。

にもかかわらず、インフィニティにはこれまでコンパクトカーがなかった。それじゃお話にならないというので、すでにエンジン単体の供給を受けるなどの関係ができているダイムラーから、今度はエンジンだけでなく、パワートレーンからおそらくボディの基本骨格まで、ごっそり供給を受けたのだろう。

しかしどこからどう見てもインフィニティというデザインを与えてできたのがQ30だ。日本に導入するとなると、いろいろと問題が立ちはだかる。

販売するとすればインフィニティQ50を、インフィニティバッジを付けたまま日産スカイラインとして売る例のパターンを繰り返すことになるのだろうが、あれはやっぱり難解でスッキリしない。

インフィニティQ30と塩見智 氏

それはよいとしても、同じパワートレーンのメルセデスベンツGLA250よりも高く設定すべきなのか安く設定すべきなのか悩ましい。ダイムラーとの契約もいろいろあるだろうし。

それでも入れたら入れたで、数あるプレミアムコンパクト勢のなかで埋没しないだけの存在感を見せつけられる出来栄えだと思う。

端的に言って、GLAよりカッコいいと感じる人は少なくないはずだ。それでいて、それが日産にとってどうかという問題はあるにせよ、“あれって中身メルセデスだからな”と言われるのは、販売面ではプラスに作用するはずだ。というわけで、

やっちゃえ日本導入!

[Txet:塩見智]

筆者: 塩見 智

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

米国インフィニティ の関連編集記事

米国インフィニティの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

米国インフィニティ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR