autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 実は日本で一番売れてるクルマ!トヨタのノア3兄弟が年明けに「自動ブレーキ」装備でさらにライバルを引き離す

自動車評論家コラム 2015/12/28 12:15

実は日本で一番売れてるクルマ!トヨタのノア3兄弟が年明けに「自動ブレーキ」装備でさらにライバルを引き離す

実は日本で一番売れてるクルマ!トヨタのノア3兄弟が年明けに「自動ブレーキ」装備でさらにライバルを引き離す
トヨタの自動ブレーキテストホンダ ステップワゴン

1月6日に行われるトヨタの売れっ子ミニバン、ノア/ヴォクシー/エスクァイアの一部変更で自動ブレーキが設定されることになった。

この3兄弟、2015年11月の合計販売台数は合計1万7104台と、表の1位であるアクアの1万5237台を大きく超えている。日本車の裏番長と言って良い存在。

どちらも自動ブレーキを選べる2015年発売のホンダステップワゴン4073台と、日産の稼ぎ頭のセレナ3802台を合わせてたって7875台で半分にも満たない。

逆に考えれば、今まで欲しい装備の1位に上げられることの多い「自動ブレーキ」無しでライバルを圧倒していたのである。

販売ディーラーによれば、ノア3兄弟の「自動ブレーキ」付きを待っている人や、それが無いだけでステップワゴンやセレナを選んでいる人も多いという。

実際、自動ブレーキさえ付けば商品力はカンペキといってよい。2016年央にフルモデルチェンジするセレナは強力な新技術を装備するようだけれどステップワゴンが厳しいと思う。

「Toyota Safety Sense C」に搭載されているレーザーレーダー+カメラトヨタの自動ブレーキテスト

ということでマイナーチェンジするノア3兄弟の詳報である。

装備される自動ブレーキは、アクアなど小型車に装備される「赤外線レーザー+カメラ(ToyotaSafetySenseC)」のコストを重視した普及型。

価格や車格を考えるとプリウスに採用されたミリ波レーダー+カメラの上級型かと予想していたら違った。

なぜ普及型にしたのか不明ながら、もしかしたらアルファード兄弟(コチラも間もなくレーダー使う上級型の自動ブレーキが付く)と差を付けたかったのかもしれない。

気になる性能だけれど、自動停止可能な速度はトヨタ発表で30km/h以下。それ以上の速度になると、急ブレーキを掛けながら追突する。

ただJNCAPの公的な試験によれば、普及型で最も良い結果を出したモデルは50km/hで停止している。良くなかった車種でも40km/hをクリア。ノア3兄弟も40km/hはクリア出来ていると思う。

参考までに書いておくと、トヨタの上級型自動ブレーキは公式発表40km/h以下。実際の性能は50km/hクリアというイメージ。

トヨタの歩行者探知する自動ブレーキテスト

また、普及型は歩行者を探知出来ないのが厳しい。上級型なら夜間を除き、歩行者を探知して自動ブレーキ掛ける。

もう一つ。普及型はセンサーの性能が低いためアダプティブクルーズコントロールが付けられない。せっかく自動ブレーキを付けるなら、高性能&渋滞で楽ちんなアダプティブクルコンも欲しかった。

自動ブレーキのオプションは光学式メーター(オプティトロン)付きのグレードであれば5万4千円。通常のメーターのベーシックグレードに自動ブレーキを付けると光学式メーターとセットになり9万1800円になる。

普及型でも高い事故防止効果を持つので、ノア3兄弟を買うならぜひ付けておきたい。

[Text:国沢光宏]

筆者: 国沢 光宏

トヨタ ヴォクシー 関連ページ

トヨタ ノア 関連ページ

トヨタ エスクァイア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴォクシー の関連記事

トヨタ ヴォクシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴォクシー の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴォクシー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19