autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ ヴィッツ 試乗レポート/清水草一 2ページ目

試乗レポート 2011/1/26 17:38

トヨタ ヴィッツ 試乗レポート/清水草一(2/3)

関連: トヨタ ヴィッツ Text: 清水 草一 Photo: 茂呂幸正
トヨタ ヴィッツ 試乗レポート/清水草一

スマートストップでクラストップの燃費!

外観はガッカリの新型ヴィッツだが、内装は悪くない。特にアイボリーとダークグレーのツートンは、なかなかセンスがいい。センターメーターは廃止され、フツーのアナログメーターに変更。ホイールベースは先代に対して5センチ延長されているから、室内とラゲッジの余裕はまた少し増した。

どんどんフツーの、そしてスタンダードなクルマになってきてるってことですな。

今回のヴィッツのウリは、「ハイブリッドと軽を除くガソリン乗用車中、最高の燃費」だろう。

アイドリングストップ機構「スマートストップ」付きのモデルだと、10・15モード燃費がリッター26.5kmと、マーチを若干上回る。

実質的には誤差の範囲だけど、今の自動車業界は燃費戦争。一般ユーザーは、馬力なんぞには見向きもしないが、燃費には非常に敏感で、猛烈に気にしてくれる。

そこで「日本一」の旗が掲げられるか否かは、大変に重要なのである。

その「スマートストップ」、動作はスムーズだ。クルマが止まればすぐにエンジンも止まるし、ブレーキを離せばすぐに始動する。ほとんどストレスはない。

が、以前指摘したように、アイドリングストップ機構付きのクルマは、バッテリーを強化してあって、バッテリー代が高くつくことがある。

アイドリングストップ付きマーチのバッテリーは、私のランボルギーニ・カウンタックより大容量で、交換すると現状、3万円もかかってしまう。節約したガソリン代がほとんどフッ飛ぶやんけ!じゃ、スマートストップ付きのヴィッツはどうなのか。

エンジニア氏に尋ねると、「バッテリー容量はマーチと同じです」。ガーン。

ヴィッツにも、マーチとまったく同じ大きさの、巨大なバッテリーが積まれていた。つまりバッテリーの値段も同レベル。節約したガソリン代は、バッテリー交換時にほとんどチャラになる。

がしかし、マーチと違うのは、ヴィッツの場合、「F」のスマートストップパッケージ付きにしか、アイドリングストップの設定モデルがないこと。

つまり、あんまり本気で売ろうとはしてないのね!

正直なところ、トヨタさんとしては、「クラス最高のリッター26.5km」という勲章が欲しかっただけで、本音は「リッター24kmのアイドリングストップなしを買ってください」だったのだ(たぶん)。その方が、同グレードで6万円お安いですし。

実際のところ、このアイドリングストップでは節約にならないので、その方がいいのではないでしょうか。

トヨタ ヴィッツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴィッツ の関連記事

トヨタ ヴィッツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴィッツ の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴィッツ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26