autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 勝利に飢えたトヨタがみせた!WEC第7戦 富士6時間の裏側

自動車評論家コラム 2016/10/31 18:06

勝利に飢えたトヨタがみせた!WEC第7戦 富士6時間の裏側(1/2)

関連: トヨタ Text: 山口 正己 Photo: トヨタ自動車
勝利に飢えたトヨタがみせた!WEC第7戦 富士6時間の裏側
WEC第7戦 富士6時間 決勝 TOYOTA GAZOO RacingWEC第7戦 富士6時間 決勝 TOYOTA GAZOO Racing

10月16日に富士スピードウェイで行なわれたWEC第7戦『富士6時間レース』は近年、稀に見るいいレースだった。主役はトヨタTS050 HYBRIDであり、小林可夢偉だった。

今年トヨタは、ルマン24時間を中心とする、WEC(世界耐久選手権)への参戦5年目を迎えた。ドイツのケルンに居を構えるTMG(トヨタ・モータースポーツ有限会社)は、東富士の研究所と協議し、これまで培ったノウハウを集結させた思考回路で2016用のトヨタTS050 HYBRIDを作り上げた。

WECの総本山であり、そこで勝たなければ意味かないと言われるルマン24時間レースに照準を合わせてデザインされたのだ。

ルマン24時間の舞台となるサルテ・サーキットは、当時400km/hにも達した最高速を抑制するため“2km以上の直線はNG”という新ルールに呼応して、1990年に途中にシケインが追加されたものの、それでも平均速度は240km/h辺り。F1GP最速のモンツァに匹敵する極めて特殊な高速コースだ。まさにそこがルマンの特徴。トヨタ陣営は、2016年用のTS050 HYBRIDを、超高速の“ルマンスペシャル”としてデザインした。

その結果は、如実に現れた。ルマン24時間でトヨタTS050 HYBRIDは、2回目の予選が雨に祟られる条件の中で、初日の予選で3-4位を記録した。燃料消費量が去年より10%ほど制限された厳しい規定の中で、1年前より2.806秒速いタイムで13.629kmのサルテ・サーキットを走って見せたのだ。

ところが、ルマンが特殊だったことで、逆の現象も起きていた。トヨタTS050 HYBRIDは、他のコースで、ポルシェ919 HybridやアウディR18 e-tron quattroに歯が立たないクルマになってしまったのだ。

ルマン24時間の勝利をほとんど手中にしたトヨタTS050 HYBRIDの、“残り3分の悲劇”が襲ったことは記憶に新しいが、その後、ドイツ、メキシコ、アメリカと進んだシリーズで、トヨタTS050 HYBRIDは常に予選5-6番手に甘んじていた。ルマン以外の戦闘力がポルシェとアウディより低かった。

ところが、富士スピードウェイで10月15日に行なわれた予選で、違う状況が見えた。トヨタTS050 HYBRIDが駿足を示したのだ。富士もストレートの長さが特徴だが、ルマンと同じく、一発の予選タイムでアウディとポルシェに遜色ないスピードを見せた。

>>トヨタが今期初優勝!WEC第7戦 富士6時間を写真でチェック

予選順位

WEC第7戦 富士6時間 決勝 TOYOTA GAZOO Racing

予選は、以下のオーダーになった。

1.1 ポルシェ919 Hybrid

2.8 アウディR18 e-tron quattro

3.6 トヨタTS050 HYBRID

4.5 トヨタTS050 HYBRID

5.2 ポルシェ919 Hybrid

6.7 アウディR18 e-tron quattro

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/18~2017/10/18