autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ プリウスPHV 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2010/2/4 21:31

トヨタ プリウスPHV 試乗レポート(3/3)

関連: トヨタ プリウス Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
トヨタ プリウスPHV 試乗レポート

レスポンス良くトルク感のある加速を見せる

トヨタ プリウス PHV

走り出すと、通常のプリウスと大差なく、いたって普通に走れることがむしろ印象的だ。

通常は60km/hを超えたあたりでエンジンがかかるところだが、アクセルペダル開度をそれほど深くしなければ、プリウスPHVはモーターのみで加速し続け、100km/hまでモーターのみで走行する。

車重は1,490kgと、プリウスSよりも140kg重くなっているため、やはりその影響は小さくはない。しかし、低回転から瞬時に太いトルクを吐き出すのはモーターが得意とするところ。

要求する駆動力に対して、モーターはレスポンスもよく、トルクもあり、あまり不満に感じさせることなく走ることができる。そして、モーターだけで走ることのできる領域が大幅に増えている。

逆に、もっと低い速度域でも、アクセル開度を深くするとエンジンはかかる。このとき、エンジンの音がミックスされて聞こえてきても、加速感はそれほど劇的には変わらない。モーターによるトルク感が、あくまでプリウスPHVの体感性能のベースにある印象だ。

トヨタ プリウス PHV

ちなみに開発陣によると、全開加速してタイムを計測すると、0-100km/h加速は通常のプリウスが約10秒で、プリウスPHVが約11秒と、その差は1秒程度だという。

プリウスPHVは、早い話が通常のプリウスのEVモードを思いっきり伸ばしたクルマといえる。それを実現するために、バッテリーをたくさん積んで、外部電源からも充電できるようにしたわけだ。

ただし、現状では通常のプリウスのように、EVモードか通常モードかを切り替える仕組みはなく、まずバッテリーを使い切って、それからエンジンを動かすようになっている。

これは、エコ的観点からもっとも効率的に走って欲しいという開発陣の思いの表れではある。しかし、任意に切り替えることができたほうがいいという声が同試乗会の参加者からも多く聞かれたらしく、その気持ちもよくわかる。市販時には何らか変更される可能性もなくはないだろう。

回生およびブレーキの制御については、通常のプリウスから変更はないとのことだが、車両重量の増加の影響か、低速~60km/h程度からの薄いブレーキングでカックンとなってしまう感覚が、通常のプリウスよりもやや気になり、車重増に対して最適化されていない印象もあった。通常のプリウスも含め、このあたり、まだ改良の余地はありそうだ。

トヨタ プリウス PHV

EVは良いものだが、航続距離への不安がつきまとう。充電のためのインフラも必要になる。ところがPHVであれば、それらの問題から一気に開放される。EVのメリットと、HVの万能性を兼ね備えるPHVは、近未来のモビリティとして非常に有力なものだと思う。

トヨタでは、プリウスPHVについて、2年後に数万台規模で、手の届く価格での市販を目指すという。

そして今回、ドライバビリティ面でも通常のプリウスに対してそれほど大きなハンデを感じさせないことも確認できた。ハードウェア面ではすでに概ね完成の域に達していて、あとはバッテリーの進化に頼る部分が大きく、それにはある程度の時間を要するだろう。

とにかく、こうしたものは普及してこそ初めて意味がある。まずは市販時の価格ができるだけ安くあって欲しいと願うところである。

トヨタ プリウス PHVトヨタ プリウス PHVトヨタ プリウス PHVトヨタ プリウス PHVトヨタ プリウス PHV

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18