autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー TMS2009×評論家の視点/松下宏

モーターショー 2009/10/23 14:00

TMS2009×評論家の視点/松下宏

Text: 松下 宏 Photo: 三菱自動車株式会社/オートックワン編集部
TMS2009×評論家の視点/松下宏

三菱 MiEVハウス

三菱 MiEVハウス

今回の東京モーターショーで、クルマと電気のある持続可能な未来の生活を提示して見せたのは三菱の「MiEVハウス」だった。

電気自動車のi-MiEVだったら室内に持ち込むこともでき、太陽電池パネルで発電してi-MiEVのリチウムイオン電池に充電した電気を室内で使うことに流用するなど、これまでにない新しい世界を提示しているからだ。

将来的には、たくさんの太陽電池パネルとたくさんの電気自動車があれば、それらが連携して電気の新しいシステムを作ることができる。スマートグリッドと呼ばれているのがそれで、これはすでに相当なリアリティを持つところまで来ている。

現実には、雨や泥や埃で汚れたクルマを室内に持ち込むことにはならないだろうし、現在のi-MiEVには電力をアウトプットするためのコンセントが設けられていないから、まだまだ夢物語といった段階の話なのだが、三菱のもう1台のコンセプトカーであるプラグインハイブリッド車にはアウトプットコンセントも設けられていて、未来につながるカーライフを指し示していた。

もはや、スマートグリッドもリアリティを持つところまできている。現実化するには電池の技術やコストが飛躍的に向上することが必要だが、原発も火力発電所もいらない時代が来るのが、本当の電気自動車の時代である。

ダイハツ e:S

ダイハツ e:S
ダイハツ e:Sダイハツ e:S

ダイハツのe:Sも注目される1台だ。

電気自動車でもハイブリッド車でもなく、ごく普通の軽自動車である点が特に良い。普通の軽自動車ということは、すぐにでも実現できるだけの可能性を持つからだ。

全長を切り詰めたコンパクトなボディを持ち、そのことも含めて100kgの軽量化を実現し、アイドリングストップ機構を採用することなどによって、リッター当たり30km/Lを実現するという。

ハイブリッド車のプリウスなら35km/Lから38km/Lという燃費を実現しているので、それにはまだ及ばないが、ガソリン車で30km/Lというのはとても優れた数値である。ハイブリッドによるコストアップ無しに30km/Lの燃費を実現できるなら、リアリティという点ではハイブリッドカー以上ということになる。

燃費だけでなく車両価格も含めたトータルの経済性では、ハイブリッド車はまだまだガソリン車に及ばないのが現実だ。経済性を考えると、e:Sにはハイブリッド車を大きく上回る魅力がある。

ダイハツが強力に推し進めている車両コストの30%低減などと合わせると、将来的にはe:Sのようなクルマが際立った低価格で販売される可能性も高い。大いに期待しておきたい。

筆者: 松下 宏
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!