autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 新型ノート(日産) 新型車解説(2012年フルモデルチェンジ)

新型車解説 2012/8/28 10:43

新型ノート(日産) 新型車解説(2012年フルモデルチェンジ)(1/2)

関連: 日産 ノート Text: 森口 将之 Photo: 茂呂幸正
新型ノート(日産) 新型車解説(2012年フルモデルチェンジ)

スーパーチャージャーを搭載した新型ノートの燃費はJC08モードで「25.2km/L」!さらにエコカー減税は「免税(100%)」だ!

新型ノート(日産)フロントイメージ新型ノートライダー(オーテック)フロントイメージ

新型ノートでいちばんの注目ポイントはやっぱり、スーパーチャージャー付きエンジンの投入だ。

1980年代に、初代マーチにターボとスーパーチャージャーのツインチャージャーを二丁掛けしたマーチR/スーパーターボがあったけれど、スーパーチャージャー単体での装着は、たぶん日産の市販車では新型ノートが初めてだ。

すでにマーチに搭載されている1.2L直列3気筒にスーパーチャージャーを装着するとともに、エンジン自体も直噴ミラーサイクル化した。これによって、新型ノートは1.5Lクラスの力強い走りと自然吸気エンジンを超える燃費を両立。最近ヨーロッパ車が多く採用しているダウンサイジングの考えを取り入れたのだ。

では、なぜ新型ノートは「ターボ」ではなく「スーパーチャージャー」なのか。

発進停止が多い日本の都市部では、低回転からのレスポンスに優れるスーパーチャージャーのほうが、走りと燃費を両立できるからだ。しかも低回転・低負荷のときは電動クラッチでエンジン本体から切り離せるのでフリクションロスが抑えられる。これもエコに効く。

よって新型ノートのJC08モード燃費は自然吸気の22.5km/Lを上回り「25.2km/L」を記録。エコカー減税も「100%」、つまり自動車取得税と重量税が「免税」となったのである。

新型ノート(日産)リアイメージ新型ノート(日産)フロントビュー新型ノート(日産)リアビュー新型ノート(日産)サイドビュー新型ノート(日産)タイヤ&アルミホイール
新型ノートライダー(オーテック)リアイメージ新型ノートライダー(オーテック)フロントビュー新型ノートライダー(オーテック)リアビュー新型ノートライダー(オーテック)サイドビュー新型ノートライダー(オーテック)タイヤ&アルミホイール
新型ノート(日産)メーター

といっても、エンジン本体の効率アップだけでこの数字が達成できたわけではない。副変速機を追加したCVTやアイドリングストップ、約70kgもの車体軽量化、クラストップの空力性能Cd=0.29なども貢献している。

さらに新型ノートのスーパーチャージャー搭載車には、燃費向上をサポートするエコメーターも搭載。

スピードメーターの上にブルーのインジケーターが3段階で光るとともに、メーター内側にアクセルペダルの操作をイメージするバーグラフ表示を追加。運転後は3段階のスコアも表示することで、エコドライブをアシストしてくれる。

日産 ノート 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ノート の関連記事

日産 ノートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ノート の関連記事をもっと見る

日産 ノート の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27