autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 マーチ 試乗レポート/藤島知子 2ページ目

試乗レポート 2010/8/6 16:07

日産 マーチ 試乗レポート/藤島知子(2/2)

関連: 日産 マーチ Text: 藤島 知子 Photo: 島村栄二/柳田由人
日産 マーチ 試乗レポート/藤島知子

クラストップ26km/Lの低燃費と軽快な走りを実現!

今回はアイドリングストップ機構が付いた上級仕様の12Gに試乗した。

新開発の1.2リッター3気筒エンジンは、小型で軽量な副変速機構付きCVTが効率的にパワーを引き出して、出足の加速は想像以上に余裕がある。アクセルを軽く開けるだけで、スッと前に押し出てくれるので、走行中はエンジン音を低めに抑えられて静粛性も高い。

新型マーチには新開発のVプラットフォームが採用されているが、軽量ながら、車体剛性が向上していることもあって、下回りからくる不快な揺れやノイズも上手に抑え込まれている。

足回りについては、サスペンションのストロークが先代よりも15㎜ほどアップしていて、乗り心地が向上した。今回のマーチはキビキビとした走りという感覚とはちょっと違っているが、狭い場所で小回りが効く扱いやすさはそのままに、自然なロール感を与えながら、肩の力を抜いてドライブが楽しめる。

小回りといえば、今回新たに取り回しが苦手な人をフォローするために、新たな機能を追加。その名も『タイヤアングルインジケーター』。狭い場所で車庫入れするさい、「前輪の切れ角が分からない」という女性の不安を受け止め、メーター内に前輪の切れ角や進行方向を表示することで、車庫入れ時の手助けをしてくれる。

また、“12X”と“12G”にはアイドリングストップ機構が組み合わされており、クラストップとなる26km/Lの低燃費を実現している点も見逃せない。

アイドリングストップはブレーキでクルマが停車してから約1秒後にエンジンが停止、再始動はブレーキペダルから足を離して約0.4秒後に軽く掛かり、それらの連携もスムーズ。違和感を覚えることはほとんどなかった。

激戦区のコンパクトカー市場に立ち向かう新型マーチ

コンパクトカー市場は、上級モデルからのダウンサイジング化の波を受け、いまや激戦区に置かれている。

プレミアムな存在がひしめきあう市場で勝負するとなると、今回のマーチは細かなところを厳しく見積もれば、ライバルたちから見劣りしてしまうのも事実だ。

しかし、新世代のプラットフォームがもたらす走りの質、新開発の3気筒エンジン、副変速機構付きのCVT、アイドリングストップ機構によって得られる燃費性能など、今後このセグメントに汎用される技術に、ひとクラス上の進化が見られたことも事実だった。

4代目マーチは、いまの厳しい時代を背負って生まれたばかり。今後の動向に注目が集まることは必至といえそうだ。

筆者: 藤島 知子

日産 マーチ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 マーチ の関連記事

日産 マーチの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 マーチ の関連記事をもっと見る

日産 マーチ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21