autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース VW、280馬力のフラッグシップ5ドアクーペ「新型アルテオン」を発売

自動車ニュース 2017/10/17 13:01

VW、280馬力のフラッグシップ5ドアクーペ「新型アルテオン」を発売

フォルクスワーゲン 新型アルテオン
フォルクスワーゲン 新型アルテオン

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、日本における新たなフラッグシップモデルとなる新型Arteon(アルテオン)を2017年10月25日より発売する。

>>クーペラインが美しいVW 新型アルテオンの画像を見る(41枚)

グレードは、R-Line 4MOTION/R-Line 4MOTION アドバンスの2グレードとし、ボディカラーは、新色のチリレッドメタリックを含む全6色展開。価格(消費税込)は、R-Line 4MOTIONが549万円、R-Line 4MOTION アドバンスが599万円となる。

なお、新型アルテオンは、10月28日から一般公開が始まる東京モーターショーに出展される。

新型アルテオンは、フォルクスワーゲンの魅力が凝縮されたフラッグシップモデルとなるアバンギャルドなグランドツーリングカー。流麗かつダイナミックなファストバックデザインは、セダンの快適性とステーションワゴンの機能性、クーペのスタイリッシュさを兼ね備えている。

ボディサイズは、パサートよりも一回り大きい全長4865mm、全幅1875mm、全高1435mmとし、さらに2835mmもの長いロングホイールベースを確保することで、広大な室内空間を提供している。

フォルクスワーゲン新型アルテオン試乗/竹岡圭

パワートレインは、最大出力280馬力、最大トルク350Nmを発生する2.0 TSIエンジンに、4輪駆動の4MOTIONを採用。トランスミッションは、新型ゴルフRに採用したものと同じ最新の湿式7速DSGを搭載することで、優れた動力性能を楽しむことができる。

また、新型アルテオンは、フォルクスワーゲンの最新技術を集約したテクノロジーショーケースとしての一面も持ち合わせている。最新のデジタルインターフェースはもちろんのこと、フォルクスワーゲン オールイン・セーフティに基づき、日本では初採用となるデイタイムランニングライトのほか、後方からの衝突にも対応する機能が強化されたプロアクティブ・オキュパント・プロテクションやデジタルメータークラスターActive Info Display(アクティブインフォディスプレイ)などの先進テクノロジーや渋滞時追従支援システムTraffic Assist(トラフィックアシスト)などの自動運転を見据えた運転支援システムを数多く採用している。

関連記事:VW アルテオン 海外試乗レポート|フォルクスワーゲンの新たなフラッグシップは美しい5ドアクーペだった

新型アルテオンの主な特徴

スポーティかつ流麗なクーペスタイルのプロポーションを実現

フォルクスワーゲン 新型アルテオン

スポーツカーとサルーンを融合した、グランドツーリングカーらしいフロントフェイス。スポーティかつアグレッシブなR-Lineバンパーを採用することで、グランドツーリングカーとしての個性をさらに際立たせている。

左右のホイールアーチの上まで覆うボンネットや水平のフロントグリルバーがそのままLEDヘッドライトと一体となってつながる個性的なディテールはワイドボディを一層強調している。

流麗でクーペのようなプロポーションが印象的なサイドビューは、ボンネットラインからテールランプまで続くキャラクターラインが「より低く構えるような」印象を与えるとともに、このラインがリアに向けて下がっていく事で視覚的に全高を抑える効果を生み出し、同時にショルダー部分の力強さを強調している。

サイドウインドウはフレームレスで、ガラスエリア全体をクロームで縁取ることで、エレガンスさを演出。サイドから回り込んで筋肉のように盛り上がるショルダーや、ルーフからリアガラス、そしてリアスポイラーへと傾斜していくシルエットには、スポーツカー的なディテールが見られ、同時にグランドツーリングカーらしいボリューム感も表現している。

また、ダイミックターンインジケーターを採用したLEDテールランプは、夜間でも一目でわかる強い個性を演出している。

ブラック基調のインテリアは、広大な室内空間を確保

フォルクスワーゲン 新型アルテオン

インテリアにはブラック基調のR-Line デザインを採用し、スポーティな空間を実現。シートトリムにはナパレザーを採用し、本アルミを用いたデコラティブパネルやピアノブラックのセンターパネルなどと相まって、フラッグシップに相応しい上質さも兼ね備えている。

また、MQBの採用により、広大な室内空間を確保。特にリアシートはクラストップレベルのレッグルームと、長いルーフがもたらす頭上空間により、ワンランク上の快適性を実現した。

フォルクスワーゲン 新型アルテオン

ラゲッジスペースは、563リットル~1557リットル※とステーションワゴンに等しい積載能力を有している。コックピットでは、ジェスチャーコントロール機能付Volkswagen純正インフォテイメントシステム“Discover Pro(ディスカバープロ)”に加え、デジタルメータークラスター“Active Info Display”やヘッドアップディスプレイなど最新のデジタルインターフェースを採用し、先進的なデザインだけでなく、高い機能性も備えている。

※ISO 測定法によるドイツにおける測定法

2.0 TSIエンジン+7速DSG+4MOTIONを採用したパワートレイン

新型アルテオンに搭載される2.0 TSIエンジンは、206kW/280馬力の最高出力と、350Nmの最大トルクを発生。ギヤボックスはより大きな入力に耐えられるよう、ゴルフRに初めて搭載された湿式7速DSGを採用した。

また、駆動方式は新型アルテオンのハイパワーを路面に余すことなく伝えることができる4WDシステムの4MOTIONを採用している。

フォルクスワーゲンの最新技術を集約

新型アルテオンには数多くの先進安全技術が採用されている。標準装備のプロアクティブ・オキュパント・プロテクションには、後方からの衝突予測機能が追加されたことにより、前方に加え後方からの事故の起きる可能性を予測し、早い段階で乗員保護機能の作動に備えることが可能となった。

その他日本ではフォルクスワーゲン初採用となるデイタイムランニグライトや、万が一の事故の際に歩行者への衝撃を緩和するアクティブボンネットなど多数の安全装備を採用することで、フラッグシップモデルに相応しい安全性を確保した。

さらに、渋滞時追従支援システムTraffic Assist(トラフィックアシスト)などの自動運転を見据えた運転支援システムや駐車支援システムPark Assist(パークアシスト)を採用している。

フォルクスワーゲン パサート 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン パサート の関連記事

フォルクスワーゲン パサートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン パサート の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン パサート の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円