autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、ランドクルーザープラドをマイチェン…迫力あるフロントフェイスに進化!

自動車ニュース 2017/9/12 13:30

トヨタ、ランドクルーザープラドをマイチェン…迫力あるフロントフェイスに進化!

トヨタ ランドクルーザープラド

トヨタは、ランドクルーザープラドをマイナーチェンジし、トヨタ店(大阪地区は大阪トヨペット)を通じて9月12日より発売した。

価格は、353万8080円~536万3280円(消費税込)。生産工場は、日野自動車 羽村工場となる。

>>マイナーチェンジを果たしたランクルプラドを写真でチェック!(画像26枚)

力強さと先進性をより一層高めたエクステリア

トヨタ ランドクルーザープラド

フロントは、フード中央部を前方視界に配慮した形状としたほか、大型フロントグリルとヘッドランプを一括りにすることで力強さを演出。また、ヘッドランプは全車にLEDを採用したほか、19インチアルミホイール(切削光輝+ダークグレーメタリック塗装)を新設定した。

リアは、コンビネーションランプの飛び出しを抑えたほか、ガーニッシュの意匠を変更することで、より安定感のあるスタンスを実現している。

なお、外板色は、新規設定色のブラッキッシュアゲハガラスフレーク(オプション設定)とアバンギャルドブロンズメタリックを含む全9色を設定。内装色は、新規設定色のニュートラルベージュを含む全2色を設定した。

より先進的なインテリアデザインに進化

トヨタ ランドクルーザープラド

インテリアは、レジスターリング(エアコン吹き出し口)上部を下げることで視認性を高めたほか、ナビゲーションをタブレット型の薄い形状とすることでモダンさを強調。また、センタークラスターやメーターパネルに金属調加飾を施すことで上質感が向上した。

ステアリングホイールは、握りやすさを考慮した設計としたほか、専用加飾を施すことでインストルメントパネルとの統一感を演出している。

衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備

トヨタ ランドクルーザープラド

新型ランドクルーザープラドは、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」やドライブスタートコントロールを全車標準装備した。さらに、ブラインドスポットモニターを新設定するなど、安全な運転を支援する機能も追加された。

また、ランクルシリーズとして初めてリアディファレンシャルに採用したトルセンLSDや、シーンに合わせて5つの走行モード(NOMAL、ECO、COMFORT、SPORT S、SPORT S+)を選択できるドライブモードセレクトを「TZ-G」グレードに標準装備し、走る歓びを追求した。

そして、ディーゼル車のグレード体系を見直し、「TX」に7人乗りを、「TX ”Lパッケージ”」に5人乗りを追加した。

関連記事:トヨタ ランクルプラド最新情報|マイナーチェンジで悪路走破性が向上。デザインや価格など変更点を徹底解説!

トヨタ ランドクルーザープラド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ランドクルーザープラド の関連記事

トヨタ ランドクルーザープラドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ランドクルーザープラド の関連記事をもっと見る

トヨタ ランドクルーザープラド の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22