autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース SUPER GT 第8戦、PETRONAS TOM’S SC430が今季初優勝

自動車ニュース 2009/10/19 12:59

SUPER GT 第8戦、PETRONAS TOM’S SC430が今季初優勝

2009 AUTOBACS SUPER GT第8戦「SUPER GT in KYUSHU 300km」の決勝レースが、10月18日、オートポリス(大分県)で行われた。GT500クラスはNo.36 PETRONAS TOM’S SC430(脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー組)が優勝。GT300クラスはNo.11 JIMGAINER ADVAN F430(田中哲也/平中克幸組)が優勝を果たした。

■GT500

優勝したNo.36 PETRONAS TOM’S SC430は、4番手グリッドからのスタート。しかし、スタートドライバーを務めたアンドレ・ロッテラーが絶妙のダッシュを決め、1コーナーで2台をパスし、2位に浮上。ポールスタートのNo.38 ZENT CERUMO SC430(リチャード・ライアン)はトップをキープする。

この均衡が破れたのは29周終了時。2台は同時にピットに入り、No.38はライアンから立川祐路、No.36はロッテラーから脇阪寿一への交代と、タイヤ交換、燃料補給を終える。コースに復帰したのは、No.36 脇阪が先。全車がピット作業を終えると、No.36 脇阪がトップ、No.38 立川が2位、No.1 本山が3位という順位になっていた。

だが、残り10周ほどになったところで、No.38がピット作業違反により30秒加算のペナルティを下された。No.38はピットアウトの際、エアジャッキが下ろされる前にエンジンをスタートしてしまっていた。さらにその後、ダートに片輪を落とし、スピンしたNo.38立川は、ガードレールに後部をヒットしてウイングを曲げピットイン。

No.36 脇阪は残り5周を悠々と独走。トップでチェッカーを受けた。

No.36 PETRONAS TOM’S SC430(脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー)の優勝は今季初で、一昨年の第6戦鈴鹿1,000km以来。脇阪はSUPER GT/JGTC通算9勝目。ロッテラーは3勝目となる。

2位はNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(本山哲/ブノワ・トレルイエ)。3位には、終盤No.8 ARTA NSX(ラルフ・ファーマン/伊沢拓也)との攻防をしのぎきって、No.24 HIS ADVAN KONDO GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/荒聖治)が入った。

この結果、ドライバーズランキングではNo.1本山が78ポイントでトップをキープしたが、No.36脇阪/ロッテラーが73ポイントで急接近。今回4位となったNo.8ファーマン/伊沢が61ポイントで最終戦にタイトルの可能性を残した。この3組以外には、ドライバーズチャンピオンの可能性はなくなった。

■GT300

GT300クラスは序盤、クラスポールのNo.43 ARTA Garaiya(新田守男)が逃げ、No.74 COROLLA Axio apr GT(井口卓人)、No.11 JIMGAINER ADVAN F430(田中哲也)が追う展開。22周目にはNo.26 UP STARTタイサンポルシェ(阿部翼)がこの3台に絡んでくる。

その後、ピットインのタイミングをずらしたチームもあり、順位はめまぐるしく入れ代わったが、レース半ばを過ぎて上位陣のピット作業が終わった時点では、No.19 ウェッズスポーツIS350(片岡龍也>織戸学)がトップ、2番手にNo.11 平中克幸という順位になっていた。

この2台は終盤まで接近戦を繰り広げるが、53周目、No.19 織戸がGT500に進路を譲った隙をたくみに利用して、No.11 平中がトップを奪う。No.19 織戸はトップを奪い返そうとNo.11 平中に迫るが、58周目に単独スピン。この時点で3番手にいたNo.7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7(谷口信輝>折目遼)の先行を許し、優勝が遠のいてしまう。

No.11 平中は、その後危なげなく走行。トップでチェッカーを受けた。

No.11 JIMGAINER ADVAN F430(田中哲也/平中克幸)は今季初勝利。ジムゲイナー・フェラーリの優勝は2006年第7戦もてぎ以来。田中の勝利もそれ以来。平中はこれがSUPER GT初勝利となる。

2位はNo.7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7(谷口信輝/折目遼)、3位にはNo.19 ウェッズスポーツIS350(織戸学/片岡龍也)が入った。

この結果、ドライバーズランキングはNo.19 織戸学/片岡龍也が74ポイントでトップ。No.43 新田守男/高木真一とNo.11 田中哲也/平中克幸が71ポイントで並び、No.7 谷口信輝/折目遼が67ポイントでランキング4位となった。以下、No.2 アップル・K-one・紫電(加藤寛規/※吉本大樹は1戦欠場)、No.46 エスロードMOLA Z(星野一樹/柳田真孝)までにドライバーズチャンピオンの可能性が残る形で最終戦もてぎを迎えることになった。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!