autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー、世界最大規模のレストア施設を英にオープン

自動車ニュース 2017/7/5 15:51

ジャガー・ランドローバー、世界最大規模のレストア施設を英にオープン

関連: ジャガー
ジャガー・ランドローバー クラシック・ワーク

ジャガー・ランドローバーは、ジャガー・ランドローバー・クラシックの初の専用拠点で、クラシックカーの販売、製造、レストアを行う世界最大規模となる施設クラシック・ワークスを6月14日、英国中部コベントリーに、オープンした。

>>世界最大規模のレストア施設クラシック・ワークスの写真を見る

敷地面積14,000m2のクラシック・ワークスは、同種の施設としては世界最大規模となる。

ジャガー・ランドローバーはクラシックカー・ビジネスの成長、製造スキルの向上のために多大な投資を行っており、ジャガー・ランドローバー・クラシック創設時から従業員数を倍増させている。

クラシック・ワークスのオープンは、ジャガー・ランドローバー・クラシック・ブランドの成長戦略において、重要な一歩となる。

オープニング・セレモニーには、ジャガー・ランドローバーの最高経営責任者(CEO)のラルフ・スペッツ博士と、スペシャル・オペレーションズのマネージング・ディレクターを務めるジョン・エドワーズが出席した。

ジャガー・ランドローバー・クラシック・ブランドの拡張は今後も続き、今夏にはドイツのエッセンに新しい施設をオープンする予定だという。

ジャガー・ランドローバー クラシック・ワーク

クラシック・ワークス概要

■ワークショップ

10年以上前に製造終了となったジャガーおよびランドローバーの全モデルのサービスおよびレストアを行う。

ランドローバーの「Series I」、「RANGE ROVER CLASSIC」、ジャガーの「E-TYPE REBORN」のレストア・プログラムのための、専用の分解・再製造・組み立てゾーンに分けられ、エンジ ン・ショップもある。また、「XKSS」の組み立てラインも備えている。

■ジャガー・ランドローバー・クラシック・コレクション

500台を超える英国自動車の歴史が生きたまま保管され、レストアの際には貴重な参考資料となる。

コレクションに含まれる車両は、自動車クラブやミュージアムへの貸出にも対応しており、ジャガー・ランドローバーやパートナーが実施するイベントなどでも使用することが可能だ。

■クラシック・ワークスガイド付きツアー

9月以降、一般客向けに新しいジャガー・ランドローバー・クラシック・ワークスで、クラフトマンシップと専門技術を自ら体験できるツアーが始まる。

クラシック・ワークスのガイド付きツアーは、年間を通じて受け付けており、この施設内で遂行されているプロジェクトについて学んだり、クラシック・コレクションの舞台裏を垣間見たりすることもできる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジャガー の関連記事

ジャガーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジャガー の関連記事をもっと見る

ジャガー の関連ニュース

ジャガー 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • ジャガー
    XJ

    新車価格

    997万円2,052.6万円

  • ジャガー

    新車価格

    896万円1,815万円

  • ジャガー
    XF

    新車価格

    598万円1,105万円