autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 戦前モデルの「ダットサン16型セダン」をヤフオクで販売!500万円から!

自動車ニュース 2016/3/8 16:28

戦前モデルの「ダットサン16型セダン」をヤフオクで販売!500万円から!

走行可能!日本製自動車の原点「ダットサン」“板金寺子屋”設立のためにオークションに出品

昭和12年(1937年)日産自動車製造「ダットサン16型セダン」

岩本モータースは、自動車板金職人育成のための学び舎『板金寺子屋』設立のため、昭和12年(1937年)日産自動車製造の「ダットサン16型セダン」をオークション形式で売却することを発表した。

永年にわたり所有してきた昭和12年日産自動車製造の名車「ダットサン16型セダン」を、古き車を後世に1台でも多く残すことができる職人養成のための学舎を創るための資金捻出と、世界中のクラシックカーマニアの方々の寄付を募る一環として、オークション形式により販売する。

現車は登録地域の文字が入る前の「5」一文字を維持しているシングルナンバーが付いており、現在においても継続車検取得が永続している。もちろん実働で走行も可能だ。第二次世界大戦の戦火をくぐり抜け、自動車黎明期であった日本製自動車の原点ともいえるダットサンは国宝とされても良い日本の工業史における文化遺産・美術工芸品である。

昭和12年(1937年)日産自動車製造「ダットサン16型セダン」

■入札について

「ダットサン16型セダン」の入札はオークション形式とし、設立必要資金の1,000万円(約11万ドル)を目標として、入札開始金額は500万円からとなる。また、設立趣旨賛同の方々から広く設立創設寄付金を募る。設立の協力者には感謝状の贈呈と、ホームページによる名前の賛同永久会員として後世まで感謝の意向を表明するという。旧車所有者の方には優先的に再生を行う。

購入・寄付に関しては、日本国に限定せず個人及び法人を問わず広く受付を行う。自動車メーカー、博物館等の納入/運搬搬入、海外への輸出代行も可能。

入札方法:ヤフオク!にて販売

入札受付期間:2016年3月16日(水)~22日(火)18:00 ※自動延長あり

<新宿で現車内覧会を開催>

現車の内覧会は東京都新宿区内、同社本社において開催する。 ※予約制

現車内覧会日時:2016年3月6日(日)~12日(土)

※本件の詳細・問い合わせ・予約は岩本モータース有限会社まで

フリーダイアル:0120-414-951

メールアドレス:info@kurumayayuji.com

昭和の自動車再生技術を後世に残す『板金寺子屋』設立の背景

近年、叩き上げの技術者である鉄板を加工成形できる職人の高齢化に伴い、急速に古い自動車の完全再生が危機的な状況にある。効率化、近代化を推進し1日あたりの「稼ぎ高」にばかり注視する傾向がより顕著になり、物のない時代に創意工夫し丁寧なものづくりを行ってきた名工と言われるような職人の仕事環境が無くなってきている。

岩本モータースは、現在の板金塗装業界の現状を嘆くばかりではなく、数少なくなってしまった「鉄板と熱加工により鉄と話ができる」「自動車延命に必要にして不可欠な急所の改善」を具現化できる名工を一人でも多く後世に残し、自動車大国日本としてあまりにも日の目を浴びていない昭和時代製造の自動車再生事業を再構築することを目指している。

同社は、走る美術品としての価値のさらなる創造と技術伝承を後世に残すことを、3代に渡り自動車業界に携わってきた業界人としての使命及び恩返しとの思いに至り『板金寺子屋』と『昭和製造自動車専門板金再生工房』としてのスタートアップを決意した。

昭和12年(1937年)日産自動車製造「ダットサン16型セダン」
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!