autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 【過酷!】こんなゴルフ大会、見たことない!エクストレイルが支えた「X-TREME GOLF CUP 2015」映像公開

自動車ニュース 2015/8/28 13:51

【過酷!】こんなゴルフ大会、見たことない!エクストレイルが支えた「X-TREME GOLF CUP 2015」映像公開

エクストレイルが支えた世界最大級の過酷な戦いの全貌

「X-TREME GOLF CUP 2015」公式サイトより
「X-TREME GOLF CUP 2015」公式サイトより

日産は、「エクストレイル ハイブリッド」のプロモーション企画として開催された世界最大級の過酷な戦い「X-TREME GOLF CUP 2015」の全貌を収めた記録映像および公式結果を公式サイトで公開した。

「X-TREME GOLF CUP 2015」は、茨城県「竜ヶ崎飛行場」から青森県「尻屋埼灯台」までの各所に設定された18ホール(全6013ヤード、パー72)を4日間かけて走破する壮大なゴルフ大会だ。

コースとなるのは、通常のゴルフ場ではなく、大自然。

採掘場や渓流、工場跡、吊り橋、砂浜など、”ありえない”コースが設定された。

応募者423名のうち、ゴルフスコア・経歴・参加への熱意などをもとに選考した結果、3名の挑戦者が選ばれた。

3名が目隠しで連れてこられたのは、第1ホールの茨城県「竜ヶ崎飛行場」。目隠しを取ると、874ヤードの滑走路が目の前に広がる。ここから4日間約96時間におよぶ白熱の戦いがスタートした。

「X-TREME GOLF CUP 2015」公式サイトより
「X-TREME GOLF CUP 2015」公式サイトより

OBやロストボールは認められず、また各ホールには制限時間が設定されているため、打ったボールを探しに走る挑戦者たち。

草むら、川、泥、崖、がれき。。。さまざまな障害物が行く手を阻む中、見事に優勝したのは最年少の田澤大河さん(19)。175ストローク(103オーバー)で18ホールを完走し、優勝賞品として「エクストレイル ハイブリッド」などが授与された。

今回、”公式ゴルフカート”として使用された「エクストレイル ハイブリッド」は、本格SUVとして厳しい自然条件下で実施されるコースにゴルファーを運び、ハイブリッドならではの燃費の良さで長いラウンドを支えた。

公式映像では、各コースでの過酷なプレイの模様を見ることができる。

公式サイトURL

http://www.nissan.co.jp/SP/X-TRAIL/XTREMEGOLF/REPORT/

コース概要

第1ホール:茨城県 竜ヶ崎飛行場 「ドラコン滑走路」

第2ホール:千葉県ウインズMXパーク 「マッドハザード」

第3ホール:千葉県ウインズMXパーク 「波打つフェアウェイ」

第4ホール:栃木県岩船山採掘場 「不条理な岩床」

第5ホール:栃木県岩船山採掘場 「悪魔の谷越え」

第6ホール:栃木県大谷資料館 「暗闇の地下迷宮」

第7ホール:栃木県大谷資料館 「玉座の間」

第8ホール:茨城県高荻工場跡地 「瓦礫のグリーン」

第9ホール:茨城県高荻工場跡地 「天井の落とし穴」

第10ホール:茨城県高荻工場跡地 「人の造りしハザード」

第11ホール:宮城県小原温泉湯元吊り橋 「悪夢の吊り橋」

第12ホール:岩手県岩山散策路 「蛇の石段」

第13ホール:岩手県岩山散策路 「トレッキングフェアウェイ」

第14ホール:岩手県御堂新田の滝 「流れるウォーターハザード」

第15ホール:青森県小田野沢の砂浜 「地獄のバンカー」

第16ホール:青森県尻労の砂浜 「地獄の終着駅」

第17ホール:青森県 尻屋崎 「永遠のラフ」

第18ホール:青森県 尻屋埼灯台 「冒険の終焉」

日産 エクストレイル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エクストレイル の関連記事

日産 エクストレイルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エクストレイル の関連記事をもっと見る

日産 エクストレイル の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21