autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 英国で大注目を浴びた日本の名車「マツダ 787B」

自動車ニュース 2015/7/9 13:29

英国で大注目を浴びた日本の名車「マツダ 787B」

関連: マツダ

2015年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに参加

ヒルクライムコースを走行する「マツダ 787B」

マツダのイギリス現地法人マツダ・モータース・UK(MMUK)は、イギリスのサセックス州グッドウッドにおいて、6月26日(金)~28日(日)に開催された世界最大級のヒストリック・モータースポーツイベント「2015年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」に参加した。

青空に映える2台のモデル

毎年イベントのメイン会場に設置される、その年のテーマを象徴する巨大なモニュメント「セントラル・フィーチャー」に、2015年はマツダが取り上げられた。

ル・マン24時間耐久レース総合優勝を果たした唯一の日本車「787B」(レプリカ)と、昨年、ドライビングシミュレーションゲーム「グランツーリスモ6」用に公開した「LM55 ビジョン グランツーリスモ」のフルスケールモデルの2台が、地上40mの高さにそびえるモニュメントの先端に飾られた。

2台の車を支える柱の部分は、神社の軒などを支える「組物」という日本の伝統的建築様式をモチーフにすることで、マツダが日本のブランドであることが表現されている。

また、この「セントラル・フィーチャー」は、マツダの輝かしいモータースポーツの歴史と、マツダの飽くなき挑戦を支えるチャレンジ・スピリットと、スタイリッシュで生き生きとしたマツダ車を象徴しており、6月25日夜(現地時間)に行われたアンベール式典では、花火による幻想的な演出の下で、招待客に盛大に公開された。

アンベール時のセントラル・フィーチャー

「セントラル・フィーチャー」には、イベント期間中毎日、ヒルクライムコースでの走行を終えた「787B」、「787」、「767B」、「RX-792P」、「RX-7 GTO」の5台の歴代マツダロータリーレーシングカーが集結し、その誇らかな姿を観客にアピール。ピットに戻る際は、5台のマシンが一斉にエンジンに火を入れ、ロータリーサウンドを響かせ、観客の拍手喝采を受けていた。

集結した歴代ロータリーレーシングカー

執行役員デザイン本部長 前田育男氏のコメント

「このセントラル・フィーチャーは、マツダが常に他に真似できない独自の技術を持つ、エンジニアリングとデザインに強みを持つ会社であることを表現しています。皆さんの目の前にあるオブジェは、生き物の動きの中にある強さ、美しさと緊張感、そして日本の美意識である無駄をそぎ落とした美しさという、マツダの魂動デザインの考え方を表現しています。」

登場したのは往年のクラシックカーから最新モデル、レーシングカーなど!

新型「ロードスター」(欧州名:MAZDA MX-5)は、常務執行役員の毛籠勝弘氏と執行役員デザイン本部長の前田育男氏がドライブし、欧州や北米、日本のメーカーの最新の新型車と一緒に、ヒルクライムコースを走行し、その生命感あふれるデザインと活き活きと走る姿に注目が集まっていた。

往年のクラシックカー、ルマン24時間耐久レースカー、WRCカー、F1マシン、スーパーカー、最新モデルなどが会場内に設置されたピットに所狭しと並んだ姿は圧巻で、車好きにとってはそれらを1日中眺めているだけでも飽きないような光景が繰り広げられていた。

新型「マツダ ロードスター」
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ の関連記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連記事をもっと見る

マツダ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/15~2017/12/15