autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アウディ、世界初 最高級サルーン アウディ A8に「炊飯器」を搭載 ~クルマにおける“究極の美食”を表現~

自動車ニュース 2015/4/1 10:46

アウディ、世界初 最高級サルーン アウディ A8に「炊飯器」を搭載 ~クルマにおける“究極の美食”を表現~

その正体をAudi正規ディーラーで問い合わせると4月1日限定で「Audi特製しゃもじ」を進呈

アウディは、多くの日本人オーナーの想いに応えた日本ならではのフラッグシップサルーン「アウディ A8 5.5」を、4月1日、エイプリルフールにデビューさせた。

“Vorsprung durch Technik - 技術による先進”は、さらなる高みへ―――

成熟した日本の輸入車市場へ向けて、Audiが満を持して送り出したフラッグシップサルーン、Audi A8。 パワートレインの異なる3.0/4.0のラインナップに続き、日本ならではの"5.5"がデビュー。

多くの日本人オーナーの想いに応え、世界最高峰のテクノロジーで究極の快適性を追求したAudi A8 5.5、全ては最高のご(5)はん(0.5) – ご飯のために。

コンソールを開いた瞬間に拡がる、かつてない純白の輝き

リヤシートのコンソールボックスには、日本人の米食文化へ敬意を表し自動車としては世界初となる炊飯器を搭載。

Audi A8の435PS/600Nmの比類なきパフォーマンスをベースに、炊飯ユニットを専用設計。羽釜の内部に激しい熱対流を起こすことで、芯からふっくらと、美味しいご飯を炊き上げる。

洗練されたスタイリングと調和した、革新の美食テクノロジー

出力コントロールにより細かな炊き加減が選択可能な、タッチ式メニューパネル。クラフトマンシップによって磨き上げられた革新的テクノロジーがオーナーひとり一人のお好みに炊き上げる。

精選されたイ草は、一瞬で心を奪う唯一無二のクオリティ

日本の風土にあわせた快適性を追求し、隅々まで行きとどいた革新の美学。

2,990mmのロングホイールベースから生まれる広々とした空間には、高温多湿な日本の気候に最適なイ草の畳シートをスタイリング。日が経つにつれ、鮮やかな黄金色へと移ろいゆく様が愉しめる。

※当記事は2015年4月1日のエイプリルフールに準じた記事となっておりますので、ご了承下さい。

妥協なきこだわりこそ、最高峰にふさわしい。Audi 100年の歴史、本日は4月1日

本日 2015年4月1日にAudi正規ディーラーで「Audi A8 5.5」を問い合わせると、先着で記念品が進呈される。Audiエイプリルフール記念品「Audi特製しゃもじ」が進呈される。

※記念品はなくなり次第配布終了となります。

※4月1日のみの配布となります。また、4月1日が定休日の店舗は翌営業日の配布となります。

※一部配布を実施しない店舗もございます。

お問い合わせ先:アウディ コミュニケーションセンター:0120-598106

アウディ A8 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ A8 の関連記事

アウディ A8の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A8 の関連記事をもっと見る

アウディ A8 の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/20~2017/8/20

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円