autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 東洋ゴム、メキシコで自動車用防振ゴムを販売開始

自動車ニュース 2014/1/29 16:41

東洋ゴム、メキシコで自動車用防振ゴムを販売開始

東洋ゴムは、ダイバーテック事業セグメントにおいて、自動車部品事業のグローバル成長・拡大を目的とし、2013年10月にメキシコで自動車用防振ゴムの販売会社、「TOYO AUTOMOTIVE PARTS DE MEXICO, S.A. DE C.V.(以下、TAM)」を設立、2014年1月から事業を開始する。

自動車用防振ゴムは、同社自動車部品事業の中核商品であり、現在国内3拠点のほか、北米をはじめ海外4ヶ国に生産拠点を配し、自動車メーカーのニーズに対応している。

また販売拠点として、東南アジアにおける事業を拡大するため、タイに「TOYO RUBBER CHEMICAL PRODUCTS(THAILAND) LIMITED」を設立し、2012年11月から販売を開始。

メキシコは北米・南米市場に対する地理的優位性や比較的優良かつ安定した労働力、さらには1994年に米国、カナダ、メキシコの3ヶ国で結ばれたNAFTA(北米自由貿易協定)をはじめとする、世界各国との自由貿易協定(FTA)ネットワークを有しており、日本の自動車メーカーも多数進出している。

今回のTAM設立は、世界における自動車の生産・輸出拠点としての存在感が今後も高まっていくと見込まれるメキシコにおいて、最適供給体制を構築することにより、グローバルマーケットにおける自動車用防振ゴムの販売を強化するものである。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!