autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、新型アクセラに新世代カーコネクティビティシステム「Mazda Connect」を搭載

自動車ニュース 2013/9/24 12:42

マツダ、新型アクセラに新世代カーコネクティビティシステム「Mazda Connect」を搭載

関連: マツダ

自動車用ウェブコンテンツのクラウド・プラットフォーム「Aha by HARMAN」とグローバル提携

Mazda ConnectHeads-Up Cockpit

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、スマートフォンなどの新しい通信技術の利便性や楽しさを、自動車に適した形で安全に提供する新世代カーコネクティビティシステム「Mazda Connect(マツダ コネクト)」を、今秋発売の新型「マツダ アクセラ(海外名:Mazda3)」から搭載する。

同時に、独自のHMIコンセプト「Heads-Up Cockpit(ヘッズアップ コクピット)」に基づく、走行安全性を最優先した新世代HMIを同車種から採用することで、扱う情報量が増えても、前を向いて安全に運転に集中できる運転環境を追求する。

マツダは、「Mazda Connect」の機能のひとつとして、自動車用ウェブコンテンツのクラウド・プラットフォームであるAha by HARMAN(以下、Aha)と世界で初めてグローバルな利用契約を結び、Ahaの全参入市場で同サービスを利用できるようにした。

Ahaは、アクセラの発売と同時に日本および複数のアジア・中南米諸国に新規参入する予定で、アクセラは、それらの国でAhaを利用できる最初の「つながるクルマ」になる予定。また日本においては、スマートフォンと連携してインターネットラジオ等を利用できる車載器を標準装備した初の車種となる見込みだ。

マツダの梅下 隆一(うめした りゅういち)商品本部長は「つながることで広がる運転の楽しさを、世界中のお客様に安全な運転環境とともにお届けしたいと考えるマツダにとって、Ahaとのグローバルな提携は大きな意義を持ちます」と述べる。

また、HARMAN 取締役副社長 オートモーテイブ部門社長のデビッド スランプ氏は「膨大なコンテンツを一貫性のある表示・操作方法で安全にお使いいただけるサービスの特長が評価されて大変嬉しく思います」と述べた。

Ahaは、車内インフォテインメントとして、インターネットラジオ、ポッドキャスト、オーディオブック、SNS(Facebook、Twitter)、各種LBSなど、世界40,000局以上のウェブコンテンツを、一貫した使いやすいインターフェースで安全に自動車に提供するクラウド・プラットフォームで、無料アプリ「Aha radio(アハ ラジオ)」をダウンロードしたスマートフォンをクルマに接続して使用できる。すでに欧米を中心とする世界50カ国以上で、10社以上の自動車メーカー・ブランドと地域ごとに提携している。

Mazda Connect

スマートフォンなどの新しい通信技術の利便性や楽しさを、自動車に適した形で安全に提供する新世代カーコネクティビティシステム

・スマートフォンとの連携などを通じて、Ahaなどの各種ウェブアプリケーション・サービスを利用可能。

・車載ソフトウェアの更新により、機能追加やスマホ側OSの進化に対応できる「古くならないシステム」。

・機能ごとのモジュール構造の採用により、多様なニーズに柔軟に対応できるハードウェア構成。

・対応アプリ・サービスを順次拡充予定。

新世代HMI

多くの情報を扱いながらも、正しい姿勢で安全に運転に集中するためのHMIコンセプト「Heads-Up Cockpit」に基づき、走行安全性を最優先して設計された新世代HMI

人間中心設計を徹底し、3つの不注意運転要因(見るわき見、意識のわき見、操作)を最小化。

情報を種類ごとにゾーン配置したシンプルなコクピット。

ダッシュボード上に設置され、視線を下げずに確認しやすい7インチセンターディスプレイ。 手元を目で確認しない操作を追求したコマンダーコントロール。

車速やナビゲーションのルート誘導情報などをメーターフード前方に虚像として表示するアクティブ・ドライビング・ディスプレイ。

音声で各機能をコントロールする音声認識にも対応。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ の関連記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連記事をもっと見る

マツダ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/21~2017/8/21