autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、「NV200ロンドンタクシー」を公開

自動車ニュース 2012/8/7 10:30

日産、「NV200ロンドンタクシー」を公開

ロンドン・ブラックキャブの未来の形を提案

NV200ロンドンタクシーNV200ロンドンタクシーNV200ロンドンタクシー

日産は、2013年にロンドンでの実証運行を予定している「NV200 ロンドンタクシー」を公開した。

「NV200」のタクシー仕様車は、昨年、米国・ニューヨークの次世代イエローキャブに選定されたのを皮切りに、今年に入ってからは、ニューヨークモーターショーや、日本の日産自動車グローバル本社などで公開された。「NV200 ロンドンタクシー」は、その流れに続くものとなる。

「NV200 ロンドンタクシー」は、ディーゼル車と電気自動車(EV)のふたつのタイプが設定されており、現行のロンドンタクシーに比べ、大幅なCO2排出量の削減を達成。

EV商用車「e-NV200」をベースとするEV車は、現行のロンドンタクシー(ディーゼル車)との比較で約5分の1のランニングコストを実現する。

ディーゼル車は、ユーロ5対応1.5リッターdC1ディーゼルエンジンを搭載し、89馬力を生み出す。燃費は53.3mpgで現行型と比べ約50%の改善となる。

「NV200 ロンドンタクシー」は、乗客やドライバー、さらには周囲の歩行者なども熟慮して設計されている。また、移動に不自由を伴う乗客への配慮も施されており、現行のロンドンタクシーに比べ、より効率的でより環境に配慮したモデルとなる。

室内は、後部座席に3名が乗車でき、その後部座席に対面して折りたたみ式の座席が2つあり、5名の大人が快適に乗車可能。助手席は取り外されて、荷物用スペースとなる。

日産自動車副社長のアンディ パーマー氏は、「ロンドンの最も象徴的な乗り物のひとつであるロンドンタクシーの、21世紀における新たな方向性を提案でき、非常に誇りに思います。ブラックキャブは、その親しみやすいシルエットとあいまって、ビッグベンなどと同様、ロンドンの風景に欠かせないものであり、だからこそ、『NV200 ロンドンタクシー』では、内装もさることながら、その外観にも注力して魅力あるものとしていきます。ドライバーや乗客に、より豊かな運行や車中での体験を提供できるようにしたいと考えています。」と述べている。

関連記事

日産 NV200「ニューヨークタクシー」発表会速報

日産、グローバル本社ギャラリーで「NV200」次世代ニューヨーク市タクシーを展示

NV200ロンドンタクシーNV200ロンドンタクシーNV200ロンドンタクシーNV200ロンドンタクシーNV200ロンドンタクシー

日産NV200ロンドンタクシー

ホイールベース:2.72m

 全高/全長/全幅:(ドアミラー含まず)1.86m/4.4m/1.89m(全幅:ドアミラー含む)2.1m

最小回転範囲(直径):7.6m

総排気量:1.5L

シリンダー数:4

燃料消費率('14年モデルイヤーCOMBINED<走行モードミックス>): 53mpg

最高出力/最大トルク:89/66/240Nm@1750rpm

CO2排出量:139g/km

NOx/PM:0.22g/km/0.016g/km

その他の主な特徴

■前輪の切れ角の調整等による最小回転範囲(直径) 25フィート(7.6m)の達成

■新たなタイプの方向指示器を装備

■日中夜間に限らずいつでも視認性の高いタクシーサイン スライドドアでの乗降を一層容易にするステップもしくはスロープ(オプション)

■車上の景色を楽しめるパノラミックガラスルーフ

■後部座席に対面した折りたたみ式座席を備えた、運転席と乗客席の間のパーティション

■助手席を取り外して設ける荷物用スペース

 ■荷室スペースの拡大を容易にするスライドレール敷設のリヤシート

■フロア等に埋め込んだ車いす固定用ポイント

■運転席と乗客席それぞれに設けた室内照明と空調の調整システム

日産 NV200バネット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 NV200バネット の関連記事

日産 NV200バネットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 NV200バネット の関連記事をもっと見る

日産 NV200バネット の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21