autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 激売れ「シエンタ」の魅力とは?ガソリンモデルの実燃費テストで見えたこと

燃費レポート 2015/11/18 15:06

激売れ「シエンタ」の魅力とは?ガソリンモデルの実燃費テストで見えたこと(1/5)

激売れ「シエンタ」の魅力とは?ガソリンモデルの実燃費テストで見えたこと

12年のロングセラーだった初代を引き継ぐ新型シエンタ

トヨタ旧型シエンタトヨタ パッソセッテ

シエンタは「ホンダ フリード」がライバルとなる5ナンバー枠の中で3列シートを備えるコンパクトミニバンだ。

7月のフルモデルチェンジで2代目となった現行モデルは、発売から約1ヶ月で7,000台の月間販売目標台数の7倍となる約4万9,000台の受注を集め、8月と9月は登録車(軽自動車を除く白いナンバープレートが付く車)の月間販売台数ランキングではトヨタ「アクア」に続く2位に位置する人気車となっている。

コンパクトミニバン市場は、97年にトヨタが通常のヒンジドアを持つカローラスパシオで開拓したジャンルで、その後01年にホンダがスライドドアという形で現在はフリードに車名を替えたモビリオで続き、03年9月に登場したシエンタはこの2台に続くコンパクトミニバンであった。

このジャンルにおいて初代シエンタはファニーなスタイルや使い勝手のよさを理由に好評となっていたが、08年12月に登場したカローラスパシオの後継モデル的なパッソセッテとダイハツで販売されるブーンルミナスに役割を引き継ぐ見通しだった。

ところがパッソセッテとブーンルミナスは初代シエンタとは対照的に使い勝手があまり良くなかったことなどが原因だったのか低調な販売成績に終わり、そのピンチヒッターを務めるような意味合いで初代シエンタは10年まで継続販売され一度生産を終了するものの、約半年後の11年5月にマイナーチェンジを受け生産、販売を再開。結局初代シエンタは約12年に渡る長期間販売されたロングセラーとなった。

トヨタ シエンタ

現行シエンタもトヨタのコンパクトカーであるヴィッツ(アクアも含む)と共通部分を持った成り立ちであることは初代モデルと変わらないが、7人乗りのミニバン化に伴い車体の後半部分は多くのシエンタ専用部分を持つ。また現行シエンタは特に3列目シートの居住性向上のため全長を先代モデルに対し135mm長い4235mmに拡大し、大人でもそれなりに座れる3列目シートを持つことも大きな特徴になっている。

パワートレーンは今回テストした1.5リッターガソリンとアクアと基本的に同じ1.5リッターハイブリッドの2つが設定される。1.5リッターガソリンは現在販売されているヴィッツの1.3リッター4気筒エンジンの排気量を拡大し、今年3月にマイナーチェンジされたカローラシリーズに搭載されるのと基本的に共通のものとなる。

この1.5リッターガソリンエンジンは最高出力109馬力、最大トルク13.9kgf・mとスペック的には目を引くところはないが、トヨタではハイブリッドカーに搭載されることも多い熱効率(燃料をエネルギーに変換できる割合)に秀でたアトキンソンサイクルや排気効率に優れる4-2-1排気マニホールドを採用し、エンジン単体での燃費を高めている。

人気のコンパクトミニバン「シエンタ」ガソリンの燃費をテスト!

トヨタ シエンタトヨタ シエンタ

またアイドリングストップも1.5リッターのFF全グレードに標準装備され、オートエアコンが付く上級のGグレードにはエアコンの構成部品の1つであるエバポレーターに蓄冷材を加え冷気を保つことでアイドリングストップする時間を延長し燃費向上に貢献する「蓄冷エバポレーター」も装備される。

結果、カタログに載るJC08モード燃費はFF車で20.2~20.6km/Lという数値を実現し、現行シエンタの1.5リッターFF車は全グレードが今年4月から基準が大幅に厳しくなったエコカー減税において取得税60%、重量税50%軽減が適応となる。

今回の燃費テストではシエンタの中では標準的な位置付けとなるXグレード(181万6,363円、JC08モード燃費20.2km/L)を起用。なおアイドリングストップはノーマルとアイドリングストップ時間が延長する方向になるロングの2つのモードがあるが、今回はノーマルを選択した。

自動車メディアが取材に借用する広報車両としては珍しいオートエアコンではないマニュアルエアコンだったため、風量と温度は随時適温に調整した。

テストは10月2日(金)の午前10時に開始し、午後6時半頃に帰京するというスケジュールで、次回掲載予定のシエンタハイブリッドと同時に行った。天候は曇りのち晴れ、最高気温29度というコンディションで、交通状況は比較的スムースであった。

燃費測定の基本ルール

・燃費の測定は、車両に純正搭載されている車載燃費計を使用

・スピードは流れに乗ったごく一般的なペースで走行

・車両の状態もエアコンは快適に過ごせる温度(オートエアコンなら25度)に設定

・走行モードが選択できる場合にはノーマルモードを選んで走行

試乗ルート1「高速道路」

試乗ルート1「高速道路」

首都高速都心環状線芝公園ランプから首都高湾岸線を経由し、東京湾アクアラインから最近開通した圏央道の茂原長南インターに向かうというルート。

道路にアップダウンは少なく、流れは区間全体を通しおおよそ80km/h程度。道のりは約70km。

試乗ルート2「郊外路」

試乗ルート2「郊外路」

茂原長南インターを降り、国道409号線を西に進み、交差する国道297号線を北上し、東京湾に近い千葉県市原市内の国道16号線まで向かうルート。

道路にアップダウンは少なく信号があまりない上に走行中の流れも良く、好燃費が期待できる区間と言える。道のりは約30km。

試乗ルート3「市街地」

試乗ルート3「市街地」

千葉県市原市の国道16号線から国道357号線、途中から片側1車線になる国道14号線、都県境から蔵前橋通りを経由し、オートックワン編集部に戻るルート。スムースに流れることは少なく、渋滞路が多くを占める区間だ。

平均時速は15~18km/h程度で、イメージとしては混んだ東京都内の道に近い。道のりは約55km。

トヨタ シエンタ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ シエンタ の関連記事

トヨタ シエンタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ シエンタ の関連記事をもっと見る

トヨタ シエンタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29