autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 旧型オーナーがガチ試乗! 三菱 新型 アウトランダーPHEVはどこが進化した!?

試乗レポート 2017/3/9 20:18

旧型オーナーがガチ試乗! 三菱 新型 アウトランダーPHEVはどこが進化した!?(1/2)

旧型オーナーがガチ試乗! 三菱 新型 アウトランダーPHEVはどこが進化した!?

オーナー視点のキビシイ目で新型を斬る!

三菱 新型 アウトランダーPHEV[2017年2月一部改良モデル] 試乗レポート/国沢光宏<右は2015年マイナーチェンジモデル(国沢光宏さん所有)>

三菱自動車が基幹技術と位置付ける”プラグインハイブリッド”システムを搭載した主力モデル「アウトランダーPHEV」が、2017年2月に一部改良を実施した。燃費偽装や日産との資本提携など、ニュースには事欠かないここ最近の三菱だが、肝心の商品の話題には乏しかった。そんな中登場した新型アウトランダーPHEVは、いったい何が変わったのか。自らアウトランダーPHEVを所有する自動車評論家、国沢光宏氏がさっそく試乗。その違いをオーナーの視点から鋭く斬る!

>>[画像79枚!]三菱 新型 アウトランダーPHEV[2017年2月一部改良モデル] フォトギャラリー

ゴーン体制となった新生・三菱、その主力モデルが”気合い”のモデルチェンジ

三菱 新型 アウトランダーPHEV[2017年2月一部改良モデル] 試乗レポート/国沢光宏

ゴーンさんの会長就任で生まれ変わろうとしている三菱自動車工業ながら、車両の開発には時間が掛かる。ゴーン体制で新たに企画されたモデルの登場には、最短で1年+α必要。ということで、今回発表された新型「アウトランダーPHEV」の年次改良は、新体制と関係なし。

されど気合いが入ってます。

そもそもこれまで、ビッグマイナーチェンジでも試乗会を行わなかった。今回は電子装備のアップグレードと、ビルシュタイン社製ダンパー装備の”S Edition”グレード追加という”年次改良”なのに、開発担当の技術者も集め試乗会を開催している。確かにアウトランダーPHEVのような優れたクルマを売らなければ、三菱の明日は無い。

自動ブレーキの性能が大幅に進化した

三菱 新型 アウトランダーPHEV[2017年2月一部改良モデル] 試乗レポート/国沢光宏三菱 新型 アウトランダーPHEV[2017年2月一部改良モデル] 試乗レポート/国沢光宏

早速試乗してみましょう。

まず最大の「いいね!」が自動ブレーキ”FCM”(Forward Collision Mitigation system:衝突被害軽減ブレーキ)のグレードアップである。

従来は、ミリ波レーダーだけ使うタイプだったため、自動車など硬いモノしか認知できなかった。しかも絶対的な性能は超低く、10~20km/hという限られた速度域でしか自動停止出来なかったほど。

しかし今回の年次改良で、トヨタやスズキと同じコンチネンタル製のレーザー+単眼カメラ式を採用してきた。

この新システム、停止している車両に対しノーブレーキ進入で40km/h。歩行者も30km/h程度なら自動停止可能。試乗会場で試してみたら、従来型の100倍くらいの性能を確認出来た。

>>三菱 新型 アウトランダーPHEVの詳細をフォトギャラリーでチェック

三菱 アウトランダーPHEV 関連ページ

三菱 アウトランダー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アウトランダーPHEV の関連記事

三菱 アウトランダーPHEVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アウトランダーPHEV の関連記事をもっと見る

三菱 アウトランダーPHEV の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20