autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム マツダは本当に赤字覚悟で新型ロータリーエンジン搭載「RX-9」を開発するのか!?

自動車評論家コラム 2016/8/29 14:41

マツダは本当に赤字覚悟で新型ロータリーエンジン搭載「RX-9」を開発するのか!?(1/2)

関連: マツダ Text: 国沢 光宏
マツダは本当に赤字覚悟で新型ロータリーエンジン搭載「RX-9」を開発するのか!?

ロータリーエンジンは「夢」や「ロマン」

マツダ RX-VISIONマツダ RX-VISION

マツダは本当にロータリーエンジン搭載モデルを開発するだろうか?

売れるか売れないかを基準とすれば、99.9%失敗だと考える。今や燃費が悪いロータリーエンジンのニーズなど無いからだ。だからこそRX-8も尻すぼみになって終わってしまった。

ましてや「800万円のロータリーエンジン搭載車」など巨額の赤字を作るのみである。

一方「ロータリーエンジンこそマツダの魂だ!」みたいに主張する強硬な右派も少なくない。社内だけでなく外野にも存在する。

だからこそロータリーエンジンを取り上げた記事を書くと、少なからぬアクセス数になるのだった。

■>>話題の新型ロータリー搭載モデルは2017年に!?

ロータリーエンジン搭載モデルは望まれている?

マツダ RX-VISIONマツダ RX-VISION

確かに自動車業界にとって「夢」や「ロマン」は重要。やがて「赤字でいいから作っちゃえ!」という流れになっていく。

マツダという会社はそういったDNAを強く持っている。

「足元の収益は悪くないけれど数年スパンで見ると“華”がない」という昨今の状況からすれば「大赤字にならないのなら宣伝費だと思って開発しよう!」と判断してもおかしくない。

果たして、マツダの顧客は赤字確実のロータリーエンジン搭載モデルを望んでいるのだろうか。

長い目で見たら好ましくない選択だと考える。高価なクルマの開発には、根本的な技術の革新が必要。今のマツダだと「中途半端でもいいや」とならない。「やるなら徹底的に!」ということになるはずだ。当然の如く開発予算もかさんでいくだろう。

■>>話題の新型ロータリー搭載モデルは2017年に!?

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ の関連記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連記事をもっと見る

マツダ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21