autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 マツダ 新型デミオディーゼル(MT)を本気(マジ)で購入しちゃったライターによる新型デミオ購入記 -後編-/永田恵一 5ページ目

新型車解説 2015/3/23 17:47

マツダ 新型デミオディーゼル(MT)を本気(マジ)で購入しちゃったライターによる新型デミオ購入記 -後編-/永田恵一(5/5)

マツダ 新型デミオディーゼル(MT)を本気(マジ)で購入しちゃったライターによる新型デミオ購入記 -後編-/永田恵一

マツダコネクトのカーナビは、早期に「日本製」へ改善して欲しい!

4つ目は不満というより、一般的にデミオを購入する際に大きな懸念点になりそうなダッシュボード中央のモニターとコマンダーを使ってオーディオやカーナビなどを操作する「マツダコネクト」です。

まずオーディオは操作しやすい部類ではありませんが、私はもう慣れたので良しとしましょう。

ここで問題としたいのは「カーナビ機能」です。個人的なデミオのカーナビ機能の総合的な印象は「3万6,000円のSDカードがカーナビになることを考慮すれば何とか納得できる、いわばPND並」といったところで、他の方にも何度かデミオのカーナビをみて「PNDみたいですね」と言われたことがあります。

不満を挙げ出せば、実際には左側にあるガソリンスタンドなどの施設が地図上では右側にしばしば表示されている、最短距離で案内するべく路地などのコースを指示しすぎる、音声がちょっと変、とにかく操作がしにくい、などキリがありません。

これは、現状ではXDツーリング系、13S Lパッケージ以外のグレードで「オーディオレス」を選び、ディーラーオプションの地図ソフトが日本製になる「マツダスマートナビゲーション」を選ぶしか抜本的な解決策はありません(この場合、CD/DVD・テレビが付けられないという懸念はあります)

とはいえ、マツダコネクトもパソコンのようにバージョンアップを進め改善に努めているので、良い方向には向かうでしょう。

個人的には、昨年末にマイナーチェンジされたアテンザとCX-5もオーディオとカーナビがマツダコネクトに変更されましたが、地図ソフトがこの2台からは日本製になっているようで、もし後からでも可能なことであれば日本製ソフトにも対応していただき、さらに叶うことなら日本製ソフトへの無償での