autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【公道試乗】マツダ CX-3 試乗レポート/藤島知子 3ページ目

試乗レポート 2015/3/10 00:10

【公道試乗】マツダ CX-3 試乗レポート/藤島知子(3/5)

関連: マツダ CX-3 Text: 藤島 知子 Photo: 和田清志
【公道試乗】マツダ CX-3 試乗レポート/藤島知子

ナチュラル・サウンド・スムーザーが生み出す滑らかなフィーリングに驚く

【公道試乗】マツダ CX-3 試乗レポート/藤島知子【公道試乗】マツダ CX-3 試乗レポート/藤島知子

そして、いよいよお待ちかねの試乗!

CX-3のパワートレーンは「SKYACTIV-D 1.5」と呼ばれる105psを発生する4気筒の直噴 1.5リッターディーゼルターボエンジンのみを設定。各グレードには6速ATと6速MTが用意されている。

まずは「XD Touring L Package」の6速ATモデルに試乗した。

このモデルにはディーゼルエンジン特有の振動を打ち消す『ナチュラル・サウンド・スムーザー』と、発電ロスを抑える減速エネルギー回生システム『i-ELOOP』(アイ・イーループ)がセットオプションとして装着されていた。

え、ディーゼルだったっけ!?

【公道試乗】マツダ CX-3 試乗レポート/藤島知子

試乗会場から一般道に繰り出し、しばらく経ってからこのクルマがディーゼルエンジンだったことを思い出して我に返る

普通はディーゼルといえば、低速域で低い回転を使って走るとき、ピストンやコンロッドといった燃焼力を得るパーツが共振してガラガラとした音を響かせてしまうのが一般的。ところが、ナチュラル・サウンド・スムーザーと呼ばれる棒状の金属をピストン内部に組み込むと、振動と反対方向に揺れることで振動を打ち消す効果を発揮。ガソリンエンジンなのではないかと思えるほど、振動を抑えて滑らかな回転フィールを与えてくれる。

毎日をちょっと冒険気分に

【公道試乗】マツダ CX-3 試乗レポート/藤島知子

コックピットはアイポイントが高く、見晴らしの良さが得られるもので、街乗りで走らせやすいコンパクトな車格ながら、毎日をちょっとした冒険気分にさせてくれそうなところがいい。

女性の私にとって、前方寄りのシートポジションで気になったのはAピラーの死角。T字路や交差点で右左折する際はフロントウインドウ脇の柱の傾斜が浅く、視界に掛かりやすいと感じる。ドライバーは頭を意識的に動かして直接視界を意識したほうが良さそうだ。

まるでひとクラス上のクルマを走らせているよう

【公道試乗】マツダ CX-3 試乗レポート/藤島知子

クルマ自体の動きは、ひとクラス上のクルマをドライブしているようなゆったり感を与えてくれたのが印象的だった。デミオと同じ長さのホイールベースでも、アクセルペダルを踏み足すと1拍の“溜め”があってジワジワと力が得られるリズムが、ある意味イタフラ系のクルマ的な余韻を感じさせる。

18インチのタイヤは、大人3人で乗車したら路面の突起で時折突き上げを感じたが、荒れた路面の走りはじつに快適。クッション厚がしっかりとられたシートが振動を吸収して乗員に不快な感覚を与えない。とくに走行中の後席の快適性ときたら、このクラスのクルマの中では一等賞ともいえる居心地の良さが得られた。

[ATか、MTか。選ぶべきはどっち!?・・・次ページへ続く]

マツダ CX-3 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-3 の関連記事

マツダ CX-3の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-3 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-3 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20