autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ フィットハイブリッド 試乗レポート/松下宏 2ページ目

試乗レポート 2010/10/20 20:45

ホンダ フィットハイブリッド 試乗レポート/松下宏(2/3)

関連: ホンダ フィットハイブリッド , ホンダ フィット Text: 松下 宏 Photo: オートックワン編集部
ホンダ フィットハイブリッド 試乗レポート/松下宏

ブレーキも油圧に近い感覚で、自然かつ滑らか

フィットハイブリッド

モーターのみでのEV走行モードでは勿論だが、通常の走行でもフィットハイブリッドの走りはとても静かだ。

1.3リッターのフィット(ガソリン車)では平均的なコンパクトカーの静粛性と思えたが、フィットハイブリッドはモーターアシストによってエンジンの回転数が抑えられるほか、防音対策も入念に行われていてとても静かな走りが得られる。これは大きなメリットだろう。

アクセルペダルから完全に足を離してしまうと、燃料カットの空走からエネルギー回生に入ってしまうので、EV走行にならない。さらにブレーキペダルを踏むと回生+油圧のバランスで減速していく。このあたりのフィーリングは、通常の油圧ブレーキの感覚に近づけるようにしたという。

クルマが停止する寸前にはわずかに違和感を感じる部分もあるが、全体としては自然で滑らかなブレーキフィールにまとめられている。

フィットハイブリッド

ブレーキに関しては、もうひとつ「ブレーキ・オーバーライド」という機能が追加された。

これは万が一のクルマの暴走を防ぐため、アクセルとブレーキが同時に踏まれた場合に、ブレーキを優先してアクセルをキャンセルする機構。これによって安全性を高める仕組みだが、安全を重視するためにちょっと早めに効きすぎるような印象もあった。

フォルクスワーゲン&アウディほどすぐには効かないものの、日産や三菱に比べると効き始めるのが早く、条件にもよるが0.5秒くらいでアクセルをキャンセルするとのことだった。

フィットハイブリッドでは走行用の電池をリヤのラゲッジスペースの下に搭載した。

この部分には大容量のアンダーボックスがあったのだが、その部分にちょうど収まるサイズの電池&制御系を作ったので、ラゲッジスペースの基本容量を減らす(厳密にはわずかに減ったが)ことなく、アンダーボックス分を使うだけで済んだ。

フィットならではの積載性というか、使い勝手の良さは少しもスポイルされていない。

燃費は10・15モード燃費がインサイトと同じ30km/Lを達成している。高速道路を走行中の瞬間燃費は20km/L前後を表示するが、市街地走行では信号待ちなども含めると15~18km/Lの間くらいになりそうだ。

フィットハイブリッドのベースグレードの設定価格は159万円。ベース車といっても、そのまま乗っても不満のないような装備が用意されているので、ガソリン車を買うのと損得勘定においても殆ど違いがないような印象だ。

フィットハイブリッドは、コンパクトカー初のハイブリッド車というだけでなく、ハイブリッド車の価格面においても、新しいベンチマークになったといえるだろう。

フィットハイブリッドフィットハイブリッドフィットハイブリッドフィットハイブリッドフィットハイブリッド

ホンダ フィットハイブリッド 関連ページ

ホンダ フィット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フィットハイブリッド の関連記事

ホンダ フィットハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィットハイブリッド の関連記事をもっと見る

ホンダ フィットハイブリッド の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円