autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 ホンダ 新型フィットRS vs スズキ スイフトスポーツ どっちが買い!?徹底比較 2ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2013/9/22 15:58

ホンダ 新型フィットRS vs スズキ スイフトスポーツ どっちが買い!?徹底比較(2/2)

ホンダ 新型フィットRS vs スズキ スイフトスポーツ どっちが買い!?徹底比較

【新型フィットRS vs スイフトスポーツ 室内空間対決】

内装を見ると、リアシートの足元空間の広さ、荷物の積載性、シートアレンジの多用途性などはフィットRSの圧勝だ。特に車内の広さは、スイフトスポーツがコンパクトカーなら、フィットRSはミドルサイズハッチバックの水準に達している。

もっとも、スポーツ派のユーザーが重視すると思われる運転席の囲まれ感、スポーティーな雰囲気は「スイフトスポーツ」の方が強い。運転席の座り心地も、「スイフトスポーツ」は腰まわりのサポート性が優れ、走行性能を高めたクルマに相応しい。

以上のように、「フィットRS」と「スイフトスポーツ」では指向性が異なる。通常は1名から2名の乗車で、峠道を攻めるような使い方も考慮に入れるなら、「スイフトスポーツ」の方が楽しめると思う。AT車の限定免許が増えた今では、6速MTは一般的な選択肢ではないが、そこにマッチさせたエンジン特性もスポーツ派のユーザーには嬉しいところだろう。

ホンダ フィット RSホンダ フィット RSホンダ フィット RSホンダ フィット RSホンダ フィット RS
ホンダ フィット RSホンダ フィット RSホンダ フィット RSホンダ フィット RSホンダ フィット RS
ホンダ フィット RS

一方、「フィットRS」は、RS(ロード・セイリング)のグレード名が示すように、余裕のある動力性能、優れた走行安定性、快適な乗り心地によって長距離ドライブにも適している。現行型ではリアシートの居住性も向上したから、ファミリーカーとしても使いやすい。

スポーツ性の高さを重視するなら「スイフトスポーツ」、多目的に使えて、なおかつ運転の楽しさも味わいたいなら「フィットRS」という選び方が成り立つ。

【新型フィットRS vs スイフトスポーツ 総評】

ホンダ フィット RS
ホンダ フィット RSホンダ フィット RS

昔はトヨタ「カローラレビン」&「スプリンタートレノ」などを筆頭に、1.6リッタークラスのエンジンを積んだコンパクトなスポーティーカーが数多く用意されていた。

しかし今では、運転の楽しさを重視する車種の大半が3ナンバー車になり、狭く曲がりくねった峠道ではワイドなボディを持て余す。価格も全般的に高まり、安価とされるトヨタ「86」のGTでも279万円(6速MT)だ。

その点、この2車種であれば、扱いやすい5ナンバー車で価格も手頃。「フィットRS」はLEDヘッドライトなどを標準装着して180万円(6速MT/CVT)、「スイフトスポーツ」は168万円(6速MT/ディスチャージヘッドランプをオプション装着して174.3万円)に収まる。

スズキ スイフトスポーツ
スズキ スイフトスポーツスズキ スイフトスポーツ

両車ともベース車の素性が良いために、動力性能や走行安定性を強化してもバランスを崩していない。大量販売されるコンパクトカーがベースとあって、走行性能と価格のバランスは割安だ。

「今の日本車は実用車ばかりになった」と嘆く声も聞かれるが、「フィットRS」と「スイフトスポーツ」を運転すると、『日本車もまだまだ楽しめる』と思えてくる。コンパクトカーを選ぶメリットは、低燃費や買い得感だけではないのだ。

ホンダ フィット 関連ページ

スズキ スイフト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フィット の関連記事

ホンダ フィットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィット の関連記事をもっと見る

ホンダ フィット の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円