autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォード 新型クーガ試乗レポート/日下部保雄

試乗レポート 2013/8/8 19:53

フォード 新型クーガ試乗レポート/日下部保雄(1/2)

関連: フォード クーガ Text: 日下部 保雄 Photo: オートックワン編集部
フォード 新型クーガ試乗レポート/日下部保雄

すべてを一新し、キネティックデザインを採用

今年、新型フォーカスをリリースしたフォード・ジャパンからSUVモデル「クーガ」がフルモデルチェンジした。初代クーガは2010年の秋に日本導入されているので約3年でのフルモデルチェンジ。こちらも新型フォーカスに続いてすべてを一新した意欲作だ。

最近のフォードのデザインは有機的に変化するキネティックデザインを採用しており、先代のクーガから継承している。

エクステリアも現行型と共通項が多いように見えるが、ボディサイドのキャラクターラインの入り方などは別物である。新型はギュッと締まったデザインで、サイズとしては先代が4445㎜×1850㎜×1715㎜(全長×全幅×全高)なのに対して、新型では4540㎜×1840㎜×1705㎜と少しだけサイズダウンしているのが分かる。

デザインに関しては、フォーカスとの近似性が見受けられるのはデザイン・コンセプトが共通しているからであり、一目でフォード車と分かる。

フォード 新型クーガフォード 新型クーガフォード 新型クーガフォード 新型クーガフォード 新型クーガ
フォード 新型クーガ

インテリアもキネティックデザインで統一されており、ダッシュパネルなども現行型との共通性はない。

インパネはフォーカスとの近似性が強いが、微妙に操作性や表示などが異なっている。これからも想像がつくように新型クーガはフォーカスのプラットフォームをベースにして開発されており、それだけにあのしっかりしたフォーカスの走りを継承した骨太のクルマになっている。

フォード 新型クーガフォード 新型クーガフォード 新型クーガフォード 新型クーガフォード 新型クーガ

実用域のトルクを重視した出力特性

フォード 新型クーガ

試乗したグレードはTitanium。Trendと2種類あるうちの上級グレードで385万円の値札が付く。若干装備を省いたTrendは340万で、先代に比べればわずかに価格は上がっているが装備の充実度はそれ以上になっている。

パワートレインは一新された。これまでは、直列5気筒の2.5リッター ターボに5速ATを組み合わせたものだったが、新型ではフォードが押し進めるEcoBoost化が図られた。

フォード 新型クーガ

エンジンはフォード・ジャパン初となる4気筒1.6リッター ターボで、直噴+吸排気可変バルブタイミング等をもった最新のエンジン。特許技術は125以上に上るという。最高出力は182PS/5200rpm、最大トルクは240Nm/1600~5000rpm。この数字から分かるように実用域のトルクを重視した出力特性になっている。

トランスミッションは5速のトルコンATからエクスプローラに搭載されている6速ATに変更された。また新型クーガのAWDシステムは前後トルク配分を行うほか、従来はオフロードでの使用を中心にセッティングされていたものが、オンロードでの走行性能も重視したものに変わり、さらに左右前輪にトルクベクタリング機能が備わって、コーナリング中のアンダーステアを打ち消すようにトルク配分を行っている。シンプルに言えば30㎞/h以下ではトラクションを重視しつつ、それ以上ではコーナリング性能を重視した駆動力配分システムになっている。

フォード クーガ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード クーガ の関連記事

フォード クーガの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード クーガ の関連記事をもっと見る

フォード クーガ の関連ニュース