autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 「私をボルボでスキーに連れてって!」XC60は冬のレジャーにも最適なオールラウンドSUVだ! 2ページ目

試乗レポート 2018/2/12 08:00

「私をボルボでスキーに連れてって!」XC60は冬のレジャーにも最適なオールラウンドSUVだ!(2/2)

関連: ボルボ XC60 Text: 山本 シンヤ Photo: 和田 清志/小林 岳夫
画像ギャラリーはこちら

大型のタッチパネル液晶は、手袋をしたままでもラクラク操作できる

「さすがボルボ!!」と思う部分は「操作系」の伝統がカタチは変わってもシッカリ受け継がれていることだ。

かつてボルボのスイッチは「手袋をしたままで確実に操作可能」のために大きかったが、実はタッチ式のセンターパネルは手袋のままでも操作できる赤外線式を採用。また、ドアパネルはサイドシル全体をカバーする形状なので、乗り降りで服を汚さないように配慮されるなど、雪国での使われ方をよく解っている。

で、肝心なスキーだが、志賀高原には18か所にスキー場がある。編集部Tの「XC60とスキーをしている山本さんを同時に撮影できる場所」と言う難しい提案に色々と走りまわって見つけたのが「丸池スキー場」。お正月明けの平日と言うことで、ほぼ貸切状態。

仕事だから“仕方なく”滑らせていただいた。調子に乗りすぎて、ユーミンの「サーフ天国、スキー天国」の歌詞のように「派手なターンで転んで~」だったのは言うまでもない(汗)。

雪景色だけじゃない! 不思議と古い日本の建物にもマッチするXC60のエクステリア

スキーの後は温泉…と言うことで、立ち寄ったのは古い歴史を持ち、真田の里の隠し湯として名高い「角間温泉」。その中の文人たちが愛したと言う湯治の宿「越後屋」の前まで行ったのだが、今回は時間の都合で泣く泣く入浴を断念…。

それにしても、明治時代にタイムスリップしたかのような木造三階建ての佇まいと北欧デザインが妙にマッチしていたのにビックリ。どちらも華美ではなく控えめの美学だからか!?

そして、帰り道の途中、編集部Tは「ちょっと寄ってほしい所が…」と。向かった先は長野電鉄の村山駅、やはり目的はこれだったのか?(笑)

編集部Tによれば、長野電鉄は以前都内で活躍していた数多くの電車が移管されて活躍中だと言う。今回も元は東急で使われていた車両が来て筆者もビックリ!?

このように「クルマでスキー」のメリットは、公共交通機関のように発車時刻を気にする必要もないし、目的地までダイレクトに辿り着ける。また、突発的や思いつきのスケジュール変更に対して臨機応変に対応可能だ。更にいいクルマなら、その満足度はより高くなるはず。それらを踏まえると「私をボルボでスキーに連れてって!!」だろう。

[Text:山本 シンヤ Photo:和田 清志/小林 岳夫]

ボルボ XC60の関連リンク

>>ヒトは何故ボルボ XC60のデザインにときめきを覚えるのか[イラストレーター遠藤イヅルのデザインインプレッション]

>>[試乗]プレミアムブランドの新たな階段を登ったボルボ 新型XC60をテストする

>>【2台対決】アウディ 新型Q5 vs. ボルボ 新型XC60 最新輸入プレミアムSUV どっちが買い!?徹底比較

>>【2台対決】BMW 新型X3 vs. ボルボ 新型XC60 どっちが買い!? 売れ筋・最新輸入SUVを徹底比較!

>>2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーがボルボ XC60に決定! 今年の1台をジャーナリストたちはどう評価したのか

ボルボ XC60 の関連編集記事

ボルボ XC60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ XC60 の関連編集記事をもっと見る

ボルボ XC60 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!