autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 北欧から最新ディーゼルエンジンが攻めて来た!「ボルボ クリーンディーゼルモデル」試乗レポート

試乗レポート 2015/7/23 15:00

北欧から最新ディーゼルエンジンが攻めて来た!「ボルボ クリーンディーゼルモデル」試乗レポート(1/3)

北欧から最新ディーゼルエンジンが攻めて来た!「ボルボ クリーンディーゼルモデル」試乗レポート

気合十分! ボルボが最新クリーンディーゼルでイッキに攻勢をかけてきた

北欧から最新ディーゼルエンジンが攻めて来た!「ボルボ クリーンディーゼルモデル」試乗レポート/国沢光宏

驚くべきことに、ボルボは『D4』と呼ばれる2リッター4気筒190馬力・400Nmのディーゼルエンジンを、日本市場へ「V40」「V40クロスカントリー」「XC60」「V60」「S60」とイッキに5車種で展開してきた。グレードまで数えると実に11モデルのラインナップを有する。

当然の如く認可は車重や車種によって違うため、同時に申請したということ。この一点を持ってしても気合いのほどが窺える。

しかもバリューな価格設定に二度びっくり

北欧から最新ディーゼルエンジンが攻めて来た!「ボルボ クリーンディーゼルモデル」試乗レポート/国沢光宏北欧から最新ディーゼルエンジンが攻めて来た!「ボルボ クリーンディーゼルモデル」試乗レポート/国沢光宏

加えて販価も、1.6リッター「T4」ガソリンターボエンジンモデルなどに対し、わずか25万円高に抑えた(価格は消費税込み、以下同)。

御存知の通りクリーンディーゼルの場合免税となるため、実質的な価格差で言えば約15万円。燃料コストの差は走行1万kmあたり下を見て5万円。3万km走った時点で、ディーゼルの方が安くなってしまう。

果たして仕上がり具合やいかに?

[売れ筋「V40」ディーゼルの実力は・・・次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ボルボ V40 の関連編集記事

ボルボ V40の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V40 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR