autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン シャラン 試乗レポート/金子浩久 2ページ目

試乗レポート 2011/2/4 16:12

フォルクスワーゲン シャラン 試乗レポート/金子浩久(2/3)

関連: フォルクスワーゲン シャラン Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
フォルクスワーゲン シャラン 試乗レポート/金子浩久

このボディで1.4リッターとは思えない加速に驚き

ヨーロッパ仕様は、2列5座席が標準で、3列目シートはオプションとなる。それに対して、日本仕様はもちろん3列7人乗りが標準。

シャランの装備と仕様に関しては、日本でミニバンが使われる要件をほぼすべて満たしている。

シャランには、昨年7月に南ドイツ・ガルミッシュパルテンキルヘンで行われた国際メディア試乗会に参加して、ヨーロッパ仕様に乗っている。

日本仕様と同じ1.4リッター4気筒ガソリン直噴エンジンを搭載したモデルで、速度無制限のアウトバーンを時速200キロ以上で巡航できる実力を備えていた。

その日本仕様である。もちろん、200キロなんて出せないけれど、赤信号からのダッシュや他のクルマの流れの中での加速などに不足も不満もない。たった1.4リッター4気筒なのに、十分以上な加速を行うのには驚かされてしまう。

このTSIエンジンとDSGミッションのコンビネーションによる実力の高さには、ゴルフに搭載されてデビューした時のことを思い出された。驚きは、あの時とまったく変わらない。

シャランの直接的なライバルとなるのかならないのかはわからないが、トヨタ・アルファード/ヴェルファイア、日産エルグランドなどは同じ4気筒でも2.5リッターの排気量がある。

単に排気量だけを見比べると、シャランの動力性能が見劣りするのではないかと想像してしまうのも無理はない。しかし、それは運転してみると杞憂に過ぎないことが分かる。

加えて驚かされるのが、静粛性の高さだ。排気量が小さければ、加速力を確保するためにエンジンを高回転域まで回さなければならず、その結果、騒がしくなってしまわないか?

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

フォルクスワーゲン シャラン の関連編集記事

フォルクスワーゲン シャランの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン シャラン の関連編集記事をもっと見る

フォルクスワーゲン シャラン の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR